V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
165
[開催日]
2016/01/24
[会場]
三島市民体育館
[観客数]
1,300
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:16
[試合時間]
1:16
[主審]
田野  敏彦
[副審]
高橋 弘二

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算ポイント: 19
通算: 7勝10敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:24】
19 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:25】
21
25 第3セット
【0:21】
15
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 阿部 篤史
通算ポイント: 14
通算: 4勝13敗

( )内は交代選手

監督コメント

 まず選手たちにおめでとうと言いたい。全員がゲームのプランを理解し、プレーに出す事ができたからこそ今日の素晴らしい結果が生まれた。
 ファンの皆様、ご声援ありがとうございました。

25 ヴィソット
()
安永
()
山本(将)
()
山岡
(山田)
19
安井
(越川)
八子
()
奥村
()
衛藤
()
中島
()
深津
()
岡崎
(手塚)
セルジオ
()
唐川 リベロ 橘(裕)
25 ヴィソット
()
安永
()
山本(将)
(山本(洋))
山岡
(山田)
21
安井
()
八子
(越川)
奥村
()
衛藤
(鈴木(健))
中島
()
深津
()
岡崎
(手塚)
セルジオ
()
唐川 リベロ 橘(裕)
25 ヴィソット
()
安永
()
奥村
()
山本(将)
(岡崎)
15
安井
()
八子
(越川)
手塚
()
山田
(山岡)
中島
()
深津
()
セルジオ
(盛重)
衛藤
(井上)
唐川 リベロ 橘(裕)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 相手のサーブにゲームをコントロールされ、常に厳しい展開となりました。
 ブロックとディフェンスでもう一度粘り強さを出せるように次のゲームに向けて頑張りたいと思います。
 本日も冷たい風が吹き荒れる中、応援に駆けつけて下さいました皆様誠にありがとうございます。
 来週末は東京墨田でホームゲームを向かえます。熱い試合を皆様にお見せできるよう調整して参ります。
応援どうぞよろしくお願いします。

要約レポート

 互いに昨日の勝ち星を上位浮上のきっかけとしたい現在7位のJTサンダーズと8位のFC東京の対戦。
 第1セット、安永のブロックポイントなどで中盤に抜け出したJTに対し、FC東京は途中交代のセッター山田の積極的なツーアタックなどで反撃するが及ばず、JTが先取する。
 第2セットもレフト八子の攻守に渡る活躍でJTが着実にリードを広げる。FC東京は終盤、衛藤と奥村の連続ブロックで追い上げを見せるものの、最後はヴィソットのスパイクが決まりJTが連取する。
 FC東京山本(将)の強烈なサービスエースで始まった第3セットだったが、八子の効果的なサーブでJTがすかさず逆転する。さらにセッター深津のブロックをきっかけに8連続得点で大きくリードを広げると、安井やヴィソットの強打などでJTは得点を重ね、FC東京に反撃の隙を与えず、JTが3-0のストレートで勝利を飾った。JTはファイナル6出場へ向け大きな3ポイントを獲得した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 笠原 瑞恵