V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
158
[開催日]
2016/01/16
[会場]
刈谷市総合運動公園体育館(ウィングアリーナ刈谷)
[観客数]
2,685
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:50
[試合時間]
1:50
[主審]
印藤 智一
[副審]
村中 伸

ジェイテクトSTINGS

監督: 増成 一志
コーチ: 豊田 昇平
通算ポイント: 24
通算: 9勝6敗
3

ポイント
3
17 第1セット
【0:23】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:26】
23
25 第3セット
【0:26】
21
25 第4セット
【0:26】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 古田 博幸
通算ポイント: 25
通算: 8勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 選手たちは質の高いプレーと、気迫あるバレーで戦ってくれました。
 技術面、そして何よりボールを落とさない強い気持ちが勝利に繋がりました。
 全員で勝ち取った勝利だと思います。ホームゲームで多くの大声援、本当に感謝しております。
 本日もありがとうございました。これからもしっかり準備して戦います。

17 古田
()
辰巳
()
清水
()
山添
()
25
浅野
()
カジースキ
()
ダンチ
()
渡辺
(谷村)
金丸
(高橋(和))
高橋(慎)
(角田)
白澤
()
深津
()
本間 リベロ 永野
25 若山
()
辰巳
()
清水
()
山添
()
23
浅野
(角田)
カジースキ
()
ダンチ
()
渡辺
(谷村)
金丸
()
高橋(慎)
()
白澤
()
深津
()
本間 リベロ 永野
25 浅野
()
若山
()
清水
()
山添
()
21
金丸
()
辰巳
()
ダンチ
()
渡辺
(谷村)
高橋(慎)
()
カジースキ
()
白澤
()
深津
()
本間 リベロ 永野
25 若山
(清野)
辰巳
()
ダンチ
()
清水
()
23
浅野
(角田)
カジースキ
()
山内
()
山添
()
金丸
()
高橋(慎)
()
深津
(池田)
渡辺
(谷村)
本間 リベロ 永野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第3レグが始まり、勢いを上げていきたかったが、ジェイテクトSTINGSの粘りに負けてしまった。
 ファイナル6に繋げていくためにも、次戦に向けてしっかりと修正して試合に挑んでいきたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 地元で大応援団の後押しを受け、ジェイテクトSTINGSが2ポイント差で3位のパナソニックパンサーズに勝利し、順位を1つ上げ幸先良い第3レグのスタートを切った。
 第1セット、パナソニックはセッター深津の巧みなトスワークでジェイテクトにブロックの的を絞らせず得点を重ねてセットを先取した。
 第2セット、ジェイテクトは出だしにカジースキが2本連続のサービスエースで攻撃のリズムを作り、強気の攻めでセットを取り返した。このセット古田に替わって入った若山が良く機能し5得点で活躍が光った。
 第3セット、お互いに点を取り合い競った展開が終盤まで続いた。パナソニックが18-16で、2点リードしたところから、ジェイテクトが3連続得点し逆転するとそのままカジースキにトスを集め3点差をつけ、最後はこのセットも若山がアタックを決めてセットを連取した。
 第4セット、パナソニックは山内を入れ流れを変えようとするが、ジェイテクトが2本のブロックポイントなどで4連続得点し勝利に向けリズムに乗った。途中パナソニックは1点差まで迫るがジェイテクトの勢いに負け逆転できなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 水越 義雄