V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
151
[開催日]
2016/01/09
[会場]
広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)
[観客数]
3,210
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:17
[試合時間]
1:17
[主審]
中山 健
[副審]
石井 洋壮

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 古田 博幸
通算ポイント: 25
通算: 8勝5敗
0

ポイント
0
18 第1セット
【0:22】
25 3

ポイント
3
14 第2セット
【0:22】
25
23 第3セット
【0:27】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 阿部 篤史
通算ポイント: 9
通算: 2勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

 FC東京の勢いを終始止めることができず、自分たちのミスも重なり、このような結果になった。
 まずは自分たちのミスをなくし、リズムを取り戻さなければいけない。
 明日に向け気持ちを切り替え、試合に挑んでいきたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

18 ダンチ
()
清水
()
奥村
()
山本(将)
()
25
白澤
()
田城
()
岡崎
()
山岡
()
深津
()
渡辺
()
セルジオ
()
衛藤
(長友)
永野 リベロ 橘(裕)
14 白澤
()
ダンチ
()
奥村
()
山本(将)
(盛重)
25
深津
()
清水
(池田)
岡崎
()
山岡
(竹浪)
渡辺
(専田)
田城
(山添)
セルジオ
()
衛藤
(長友)
永野 リベロ 橘(裕)
23 清水
()
山添
()
奥村
()
山本(将)
(盛重)
25
ダンチ
()
冨士本
(専田)
岡崎
()
山岡
(竹浪)
白澤
()
深津
()
セルジオ
()
衛藤
(長友)
永野 リベロ 橘(裕)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 天皇杯後、リーグ中断期間にここまでの課題を洗い出し、選手同士がミーティングで意見を重ね、修正できたことが、今日形となって表れたと思う。第3セット、リードされているところから逆転できたことが、練習の成果だと思う。
 明日も高い集中力を持って試合に挑みたい。
 本日は年明け最初のリーグ戦で気持ちを新たに臨んだ試合でした。遠いところから応援に駆けつけてくださった皆様、誠にありがとうございました。

要約レポート

 第2レグ最終週を迎え、ファイナル6に向け上位進出を狙うパナソニックパンサーズと望みを繋ぎたいFC東京の一戦。
 第1セット、序盤から一進一退の攻防を繰り返す中、終盤でFC東京がリベロ橘(裕)を中心とした全員レシーブで粘り強く繋ぎ、セルジオがスパイクで要所で得点を重ね、セットを先取した。
 第2セット、FC東京がセルジオのサービスエース、スパイクで流れをつかんだ。パナソニックは池田を入れて流れをかえようとしたが、FC東京はセルジオのアタックや、奥村、岡崎のブロックで一気にセットを連取した。
 第3セット、後がなくなったパナソニックは清水、ダンチのスパイクで得点を重ねた。FC東京もセルジオ、山本(将)のスパイクで対抗し、両者譲らぬ展開で終盤までもつれた。FC東京は盛重を投入すると、ブロックを決めてマッチポイントとなり、最後はセルジオがバックアタックを決め2勝目をあげて、ファイナル6へ望みをつないだ。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 谷口 和宏