V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
147
[開催日]
2015/12/13
[会場]
パナソニックアリーナ
[観客数]
1,500
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:16
[試合時間]
1:16
[主審]
高橋 弘二
[副審]
城 智人

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 古田 博幸
通算ポイント: 25
通算: 8勝4敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
11 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:24】
21
25 第3セット
【0:24】
20
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: 増成 一志
コーチ: 豊田 昇平
通算ポイント: 20
通算: 7勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日はサーブ、ブロック、レシーブ共に良いリズムで進めることが出来た。
 交替で入った選手もしっかりと役割を全うし、全員で戦うことができた。
 2016年も、チーム全員で戦えるチームを作っていき、全力で闘っていきたい。
 2015年、多くの試合でのご声援ありがとうございました。
 2016年もよろしくお願いします。

25 白澤
()
ダンチ
()
廣瀬
()
浅野
(高橋(和))
11
深津
()
清水
()
古田
(清野)
高橋(慎)
(久保山)
渡辺
(谷村)
山添
()
カジースキ
()
辰巳
()
永野 リベロ 興梠
25 ダンチ
()
清水
()
袴谷
()
浅野
()
21
白澤
()
山添
()
清野
(久保山)
高橋(慎)
(角田)
深津
()
渡辺
(谷村)
カジースキ
()
辰巳
()
永野 リベロ 興梠
25 白澤
()
ダンチ
()
袴谷
()
高橋(和)
()
20
深津
()
清水
()
清野
(高橋(慎))
久保山
(古田)
渡辺
(谷村)
山添
()
カジースキ
()
辰巳
()
永野 リベロ 興梠

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 年内最後のリーグ戦、2位のパナソニックに追いつきたいところだったが、パナソニックの堅実で力強いバレーにリズムを作らせてもらえなかった。
 今日の負けをしっかり反省し、今後の試合に臨む。
 本日もたくさんの声援、ありがとうございました。

要約レポート

 昨日のゲームは互いに勝利を収め、7勝4敗と並んでいるパナソニックパンサーズとジェイテクトSTINGSの一戦。
 第1セット、パナソニックは清水の安定したサーブ、ダンチ、白澤の前衛での攻守が次々と決まり、連続13得点をあげ、ジェイテクトを引き離す。流れを変えたいジェイテクトは中盤より清野、高橋(和)、久保山を投入するが、パナソニックの勢いは止まらず、先取される。
 第2セットは、ジェイテクトは袴谷を投入すると、袴谷、カジースキのアタックが決まり、盛り上がりを見せる。序盤はリードを許してしまうパナソニックだが、レシーブで粘りを見せボールを繋いでいく。そして、渡辺の相手の動きをよく見たアタックで得点を重ね、第2セットも連取する。
 第3セット、カジースキのブロックの上から打たれるアタック、ダンチの強弱のついたアタックで互いに譲らぬシーソーゲームとなった。中盤に入り、パナソニック清水のアタック、レシーブでチームに勢いをつけ、ストレートで今年を締めくくるホームゲームを勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 井上 芽依