V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
145
[開催日]
2015/12/13
[会場]
草薙総合運動場体育館(このはなアリーナ)
[観客数]
2,620
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:31
[試合時間]
1:31
[主審]
高橋 宏明
[副審]
阿部 広太郎

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 32
通算: 11勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:29】
22 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:26】
22
25 第3セット
【0:30】
19
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 阿部 篤史
通算ポイント: 6
通算: 1勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

 試合をうまくコントロールできたが、状態の浮き沈みが目立った。
 今年最後のVリーグの試合で3ポイントを獲得できてよかった。
 本日も温かいご声援ありがとうございました。

25 傳田
()
白岩
()
竹浪
()
奥村
()
22
内山
(重村)
イゴール
()
セルジオ
()
岡崎
(山本(洋))
高松
()

()
衛藤
(長友)
山岡
(盛重)
古賀(幸) リベロ 橘(裕)
25 傳田
(山近)
白岩
(山田)
竹浪
()
奥村
()
22
内山
()
イゴール
()
セルジオ
()
岡崎
(山本(将))
高松
(岡本)

()
衛藤
()
山岡
(盛重)
古賀(幸) リベロ 橘(裕)
25 内山
(前田)
山近
()
竹浪
()
奥村
()
19
高松
(岡本)
白岩
(山田)
セルジオ
()
山本(将)
(盛重)

()
イゴール
()
衛藤
(長友)
山岡
(玉宅)
古賀(幸) (川口) リベロ 橘(裕)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 FC東京の良さは存分に出せたと思います。
 選手たちも集中力を持続して、粘り強く戦うことはできたと思います。ゲーム全般を通して相手チームのストロングポイントを消すまでには至りませんでした。
 年明けのゲームに向けて頑張りたいと思います。
 本日はお足元の悪い中お越し頂いた皆様誠にありがとうございます。引き続き応援よろしくお願いいたします。

要約レポート

 首位を独走する豊田合成トレフェルサと、2勝目を目指すFC東京の一戦。第1レグはフルセットの末、豊田合成が勝利している。開始早々、白岩、イゴールのブロックが立て続けに決まり、波に乗った豊田合成。対するFC東京も、離されまいと竹浪のスパイクで応戦し、シーソーゲームでしがみつくも、25-22と僅差で豊田合成が先取。
 2セット目は、力の入ったFC東京に、豊田合成・イゴールが緩急つけたスパイクやサーブで翻弄し、連続得点を重ねた。後半、FC東京がセルジオのスパイクで流れを取り戻したかに思われたが、豊田合成・高松のスパイクが冴え、そのまま逃げ切った。
 3セット目も、序盤の6連続ポイントで10-5と大きく点差を離した豊田合成が、近、イゴールのサービスエースでさらに勢いを増し、25-19で試合を決めた。前回の対戦で惜敗しているFC東京としては、勝ち星を挙げたかったが、豊田合成が3-0で年内最後の試合を見事勝利で締めくくった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 増岡 三佳子