V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
142
[開催日]
2015/12/12
[会場]
草薙総合運動場体育館(このはなアリーナ)
[観客数]
2,500
[開始時間]
16:05
[終了時間]
17:28
[試合時間]
1:23
[主審]
澤 達大
[副審]
浅井 唯由

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 篠田 歩
通算ポイント: 18
通算: 6勝5敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:25】
19 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:25】
22
25 第3セット
【0:27】
21
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 阿部 篤史
通算ポイント: 6
通算: 1勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日のゲームはスパイクミス5%、サーブミス10%と非常にミスの少ない高精度のバレーが展開できた。
 前回のホームゲームではフルセットの末敗れたので、今日は絶対に勝ちたいゲームだった。
 明日も勝って勢いを加速させていきたい。
 本日も沢山の応援ありがとうございました。

25 黒木
()
鈴木
()
奥村
(鈴木(健))
岡崎
(山本(洋))
19
梅野
()
ジョルジェフ
()
竹浪
()
玉宅
(山岡)
星野
()
富松
(大木)
セルジオ
()
衛藤
(長友)
渡辺 リベロ 橘(裕)
25 黒木
(大木)
鈴木
(米山)
奥村
(鈴木(健))
岡崎
()
22
梅野
()
ジョルジェフ
()
竹浪
()
山岡
()
星野
()
富松
()
セルジオ
(山本(洋))
衛藤
(長友)
渡辺 リベロ 橘(裕)
25 黒木
()
鈴木
()
奥村
()
岡崎
(山本(洋))
21
梅野
(伏見)
ジョルジェフ
()
竹浪
(長友)
山岡
()
星野
()
富松
(大木)
セルジオ
()
衛藤
(鈴木(健))
渡辺 リベロ 橘(裕)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 切り返し時のミスと被ブロックの数が勝敗を決めたと思います。
 こちらのブレイクチャンスでサーブミスをし、狙いが明確じゃなかったところを反省点とし明日の試合に臨みたいと思います。
 明日は年内最後のリーグの試合です。良い締めくくりができるよう試合に臨みたいと思います。
 本日もFC東京の応援にかけつけて下さいました皆様ありがとうございました。

要約レポート

 今季、未だ一勝と苦しい戦いが続くFC東京を、新装となったこのはなアリーナに迎え撃つ東レアローズのホームゲーム。前節、首位独走の豊田合成トレフェルサに競り勝った東レとしては勢いに乗って連勝したいところ。第1セットは中盤までFC東京のセルジオ、東レのジョルジェフの両オポジットの打ち合いとなるが、星野の強打と富松のブロックで抜け出した東レが25対19で先取した。
 第2セットに入ると東レのセッター梅野は、鈴木のサイド攻撃にバックアタックと黒木の速攻を織り交ぜ流れを掴もうとするが、FC東京は竹浪と岡崎の両サイドアタッカーが冴えて終盤まで競り合いとなる。最後は富松のブロックで東レが突き放し、2セット連取した。
 第3セットはFC東京もセルジオのアタックや衛藤のブロックで反撃するが、終始リードする東レは鈴木がレフトからバックセンターからと縦横無尽の活躍を見せ押し切り、ストレートで勝利した。東レは通算6勝5敗として白星が先行した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 小野田 孝好