V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
140
[開催日]
2015/12/06
[会場]
岡崎中央総合公園総合体育館
[観客数]
2,882
[開始時間]
15:10
[終了時間]
17:06
[試合時間]
1:56
[主審]
西中野 健
[副審]
田中 昭彦

ジェイテクトSTINGS

監督: 増成 一志
コーチ: 豊田 昇平
通算ポイント: 16
通算: 6勝4敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:25】
20 1

ポイント
0
20 第2セット
【0:28】
25
25 第3セット
【0:29】
22
25 第4セット
【0:25】
22
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算ポイント: 13
通算: 5勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合は選手たちが良く戦ってくれたと思います。1レグは試合後半の戦い方にミスがあり、相手チームにリズムを与えてしまっていましたが、2レグに入ってからは粘りのあるバレーでポイントを積み重ね、気迫あるプレーでジェイテクトらしいバレーを展開できています。しっかり準備して試合に臨んだ勝利だと思います。
 ホームゲームの2日間、たくさんの声援ありがとうございました。これからも気迫あるバレーで戦っていきます。

25 辰巳
()
カジースキ
()
深津
()
町野
()
20
高橋(慎)
()
古田
()
八子
()
安井
()
浅野
()
廣瀬
(高橋(和))
安永
(筧本)
ヴィソット
()
本間 リベロ 唐川
20 辰巳
()
カジースキ
()
八子
()
深津
()
25
高橋(慎)
(清野)
古田
(久保山)
筧本
()
町野
()
浅野
()
廣瀬
(高橋(和))
ヴィソット
()
安井
()
本間 リベロ 唐川
25 辰巳
()
カジースキ
()
深津
()
町野
()
22
高橋(慎)
(角田)
古田
(久保山)
八子
(吉岡)
安井
()
浅野
()
廣瀬
(高橋(和))
筧本
()
ヴィソット
()
本間 リベロ 唐川
25 辰巳
(高橋(和))
カジースキ
()
八子
()
深津
()
22
高橋(慎)
(角田)
古田
(久保山)
筧本
()
町野
(中島)
浅野
()
廣瀬
()
ヴィソット
()
安井
()
本間 リベロ 唐川

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 まずは勝利したジェイテクトに「おめでとう」と言いたいです。両チーム共に質の高いバレーボールを展開していました。彼らの勝利は私達よりもサーブレシーブの質で上回ったことだと思います。
 ファンの皆様、ご声援ありがとうございました。

要約レポート

 昨日を超える大応援団をホームゲームに迎えたジェイテクトSTINGSが勝利を収め、連勝を3とした。
 第1セット、ジェイテクトの浅野と高橋(和)が効果的なスパイクサーブで相手を崩し、16-16からの3連続得点、19-17からの4連続得点で流れをつかんで先取した。セット終盤、JTサンダーズは筧本を投入し、諦めず粘りのプレーを見せたが、それが次のセットにつながった。
 第2セット、JTが安井のサーブで序盤から優位に立ち、中盤に筧本が連続ブロックを見せて主導権を握った。JTは安定感ある戦いぶりでこのセットを奪った。
 第3セット、序盤はJT優位で試合が進んだが、中盤にジェイテクトがその空気を一変させた。それはカジースキの強烈なスパイクサーブだった。ジェイテクトは10-13からカジースキの2連続サービスエースで1点差に追いつくと、JTのアタックミスで同点、そこからさらにカジースキが連続サービスエースを奪って一気に逆転した。この6連続得点の後、ジェイテクト廣瀬がBクイックとブロックで連続得点を奪うと、最後は浅野がレフトから2本のスパイクを決めた。
 第4セット、ジェイテクト廣瀬の速攻とサービスエースで始まり、ここからセッター高橋(慎)がセンター中心のトスワークを見せた。これにより相手ブロッカーのマークを外すことができ、サイドからの攻撃も決まるようになった。このセットは両チームとも3点以上の連続得点がない拮抗した争いとなったが、ジェイテクトが辰巳のブロックで21-18とした場面がターニングポイントとなった。最後はサイドではなく廣瀬のAクイックで締めたように、高橋(慎)のトスワークが冴えに冴えたセットであった。
 JTは終始、相手の強烈なサーブに苦しめられた試合となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 冨田 崇