V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
130
[開催日]
2015/11/28
[会場]
東広島運動公園体育館
[観客数]
2,000
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:05
[試合時間]
2:05
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
國頭 亮太

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算ポイント: 10
通算: 4勝4敗
1

ポイント
0
20 第1セット
【0:31】
25 3

ポイント
3
19 第2セット
【0:28】
25
25 第3セット
【0:32】
22
14 第4セット
【0:25】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 22
通算: 8勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 非常に難しい試合だった。セット序盤は良い形でスタートすることができたが、一度リズムを失ってしまうと、そこから流れを取り戻すことに苦労してしまったことが、試合を決めてしまったと思う。
 東広島にお越しいただいたファンの皆さま、ご声援ありがとうございました。

20 町野
()
越川
()
高松
()
内山
(岡本)
25
深津
()
ヴィソット
()

()
傳田
()
八子
()
安永
(安井)
イゴール
()
白岩
(前田)
唐川 リベロ 古賀(幸)
19 ヴィソット
()
町野
()

()
高松
()
25
越川
()
八子
()
イゴール
()
内山
()
安永
(安井)
深津
(井上)
白岩
()
傳田
()
唐川 リベロ 古賀(幸)
25 越川
()
ヴィソット
()

(山近)
高松
(岡本)
22
安永
(安井)
町野
()
イゴール
()
内山
(重村)
井上
()
八子
(吉岡)
白岩
(山田)
傳田
()
唐川 リベロ 古賀(幸)
14 ヴィソット
()
町野
()

()
高松
()
25
越川
()
八子
(吉岡)
イゴール
()
内山
()
安永
(中島)
井上
(深津)
白岩
(井上)
傳田
()
唐川 リベロ 古賀(幸)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 先週に続いてのJT戦となったが、前回の対戦後から一週間準備してきたことがしっかりと出せたと思う。
 毎セット出だしが悪かった点が良くなかったが、試合として勝ち切り、ポイント3を取れたのは良かった。
 本日もご声援ありがとうございました。

要約レポート

 ホームゲームで勝利し勢いに乗りたいJTサンダーズと、7戦全勝で絶好調の豊田合成トレフェルサの戦い。
 第1セット、序盤は一進一退の攻防だったが、中盤から豊田合成がイゴールの強烈なサーブでJTのサーブレシーブを崩し、点差を広げた。JTも町野の速攻や八子のスパイクで追いすがったが点差を縮めることができず、豊田合成がセットを先取した。
 第2セット、第1セットの勢いそのままに豊田合成がイゴールの緩急織り交ぜた巧みな攻撃に加え、近、傳田、イゴールが効果的なサーブをみせて連続得点を取った。JTはセッターを井上に代えて流れを変えようとしたが、勢いを止めることができず、豊田合成がセットを連取した。
 第3セット、後がなくなったJTはリベロ唐川が随所に好レシーブを見せ、八子、ヴィソット、越川のサーブで先行した。後半に、豊田合成がイゴールの連続サービスエースで追い上げたが、JTが全員レシーブで拾って逃げ切り、セットを奪い返した。
 第4セット、スタートから豊田合成がイゴールの強烈なサーブで点差を広げた。JTは吉岡を入れて立て直しを図ったが、豊田合成がイゴールに高松、傳田を絡めた多彩な攻撃で終始リードし、開幕8連勝を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 友成 文恵