V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
128
[開催日]
2015/11/22
[会場]
小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)
[観客数]
2,470
[開始時間]
15:55
[終了時間]
18:04
[試合時間]
2:09
[主審]
石井 洋壮
[副審]
城 智人

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 19
通算: 7勝0敗
3

ポイント
3
26 第1セット
【0:28】
24 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:29】
22
21 第3セット
【0:29】
25
27 第4セット
【0:34】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 古田 博幸
通算ポイント: 13
通算: 4勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 非常に力の均衡した質の高い試合となったが、チームスピリットと正確な戦略により勝つことができた。ホームゲームで2連勝できてうれしい。
 本日もたくさんの方々に会場に会場に駆けつけて頂き、ありがとうございました。

26 イゴール
()

(山田)
山添
()
渡辺
()
24
白岩
(前田)
高松
()
清水
()
深津
(田城)
傳田
()
内山
(岡本)
ダンチ
()
白澤
(専田)
古賀(幸) リベロ 永野
25 イゴール
()

()
山添
(専田)
渡辺
()
22
白岩
(山田)
高松
(岡本)
清水
()
深津
()
傳田
()
内山
()
ダンチ
()
白澤
()
古賀(幸) リベロ 永野
21 イゴール
()

()
渡辺
()
深津
()
25
白岩
(山田)
高松
(岡本)
山添
(専田)
白澤
()
傳田
()
内山
()
清水
()
ダンチ
()
古賀(幸) リベロ 永野
27 イゴール
()

()
ダンチ
()
清水
()
25
白岩
(井上)
高松
(岡本)
白澤
()
山添
(専田)
傳田
(山近)
内山
()
深津
(池田)
渡辺
()
古賀(幸) リベロ 永野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 豊田合成さんの粘りや、力強いサーブで押された。自チームも悪くはなかったが、細かいミスの差で敗戦になった。
 来週に向けてしっかりと調整をしたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 1本決まる度に地元大応援団の金のスティックバルーンが乱舞し、大きな声援を受けた豊田合成トレフェルサが、リベロ古賀(幸)を中心としたレシーブで粘り勝ち、レギュラーラウンド第1LEGを全勝で通過した。
 一方敗れたパナソニックパンサーズも第1LEG2位通過となり、今後の両者の戦いぶりがファイナル6に向けて影響しそうである。
 第1セット目、7対8の場面から豊田合成傳田のキレの良いスパイクサーブで相手を崩すと、そこから5連続得点を奪い一気に逆転をする。その後一進一退でお互い得点を重ね、最後はイゴールのスパイクが決まりこのセットを豊田合成が奪う。
 第2セット目、3対1から3連続得点をパナソニックが取るが、そこからお互い連続得点を許さない緊迫した展開になる。その展開を打破したのは、豊田合成のレシーブだった。相手の強打を低い姿勢で体を張って踏ん張り、何とか上に上げてイゴールへボールを繋ぎ得点をした。その粘りがパナソニックのミスを誘発し、豊田合成がこのセットも連取する。
 第3セット目、第1・2セット目同様に一進一退の攻防が続き、21対20の場面からパナソニック清水のサーブの場面で、サービスエースを含め3連続得点を奪い、このセットをパナソニックが奪い返す。
 第4セット目、4対4の場面からパナソニックがダンチのバックアタックで3連続得点を奪い抜け出す。しかし、10対12の場面で豊田合成が選手交代をすると、そこから流れが変わり22対19と終盤で逆転する。そこからパナソニックが3連続得点で追いつき25対25とデュースとなったが、パナソニックがサーブミスし最後はイゴールのブロックが決まりこの試合に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 大津 聡