V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
124
[開催日]
2015/11/21
[会場]
小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)
[観客数]
1,450
[開始時間]
15:55
[終了時間]
17:13
[試合時間]
1:18
[主審]
城 智人
[副審]
石井 洋壮

ジェイテクトSTINGS

監督: 増成 一志
コーチ: 豊田 昇平
通算ポイント: 9
通算: 3勝3敗
0

ポイント
0
23 第1セット
【0:25】
25 3

ポイント
3
13 第2セット
【0:21】
25
20 第3セット
【0:26】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 古田 博幸
通算ポイント: 13
通算: 4勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1セット目相手にとられると、そこから自分たちのリズムがくるってしまい、立て直すことが出来なかった。
 一つ一つのプレーを大事にして、気迫のあるプレーでこれからの試合に臨みます。
 本日もたくさんの応援、ありがとうございました。

23 辰巳
()
カジースキ
()
山添
()
渡辺
(専田)
25
高橋(慎)
(角田)
古田
()
清水
()
深津
()
浅野
()
袴谷
()
ダンチ
()
白澤
()
本間 リベロ 永野
13 辰巳
()
カジースキ
()
渡辺
(専田)
深津
()
25
高橋(慎)
()
古田
(清野)
山添
()
白澤
(池田)
浅野
(高橋(和))
袴谷
()
清水
()
ダンチ
()
(興梠) リベロ 永野
20 辰巳
()
カジースキ
()
山添
()
渡辺
(専田)
25
高橋(慎)
()
清野
()
清水
()
深津
()
高橋(和)
()
袴谷
()
ダンチ
()
白澤
()
本間 リベロ 永野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1セット目、スタートの悪さとジェイテクトさんの勢いにおされ、バタバタしたがチームの中で立て直すことが出来、2セット目、3セット目のリズムにつなげる事が出来た。
 明日はホームの、また全勝の豊田合成さんとのゲームになるが、チャレンジャー精神を忘れず全員で全力で戦いたい。
 本日もたくさんのご声援、ありがとうございました。

要約レポート

 地元愛知で3連勝を狙う3位ジェイテクトSTINGSと2位パナソニックパンサーズの戦いは、パナソニックが高さを生かしたブロックからチャンスを作り、多彩な攻撃によりこの試合の勝利を収めた。
 第1セット、ジェイテクトは浅野やカジースキのブロックを利用した強烈なスパイクで、最大6点差のリードを得て流れを掴んだ。序盤リードを築いたジェイテクトであったが徐々にサーブレシーブが乱れ、パナソニックのダンチや白澤の高いブロックに掴まりパナソニックにチャンスを与えてしまう場面が増えてしまった。パナソニックはダンチと清水の高さを生かしつつ、深津の速いトスワークによって終盤にリードを奪い返しこのセットをものにした。
 第2セット、勢いそのままにパナソニックは清水のライト攻撃や高いブロック陣が機能し、流れを明け渡さなかった。一方のジェイテクトは、アタックミスが目立ち得点を重ねることができなかった。
 第3セット、何としてもセットを奪いたいジェイテクトは、古田に代わってサウスポーの清野がワイドから、ブロックの間を狙った鋭いアタックで得点を重ねた。しかし、パナソニックの勢いは止められず、パナソニックの幅広い攻撃とセンター陣のクイックを要所で活用した深津のトスワークに翻弄され、リードを奪うことができなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山本 徹