V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
123
[開催日]
2015/11/21
[会場]
小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)
[観客数]
2,060
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:16
[試合時間]
2:16
[主審]
山本和良
[副審]
高橋弘二

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 16
通算: 6勝0敗
3

ポイント
3
20 第1セット
【0:24】
25 1

ポイント
0
29 第2セット
【0:35】
27
27 第3セット
【0:36】
25
25 第4セット
【0:32】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算ポイント: 8
通算: 3勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 この試合に向けて良い準備をしてきたが、うまく対応できない場面も目立った。
 選手が気持ちを入れてプレーしてくれたことが結果に繋がった。昨シーズンの王者に勝ち、大きなポイント3となった。
 ホームゲームということで、たくさんの方に応援に駆けつけていただき、ありがとうございました。

20 傳田
()
白岩
(山田)
深津
()
安永
()
25
内山
(岡本)
イゴール
()
八子
()
越川
()
高松
()

()
筧本
()
ヴィソット
()
古賀(幸) リベロ 唐川
29 傳田
()
白岩
()
八子
()
深津
()
27
内山
(重村)
イゴール
()
筧本
()
安永
(井上)
高松
(山田)

(山近)
ヴィソット
()
越川
()
古賀(幸) リベロ 唐川
27 高松
(山田)
内山
(重村)
深津
(井上)
安永
(中島)
25

()
傳田
()
八子
()
越川
()
イゴール
()
白岩
()
筧本
(安井)
ヴィソット
()
古賀(幸) リベロ 唐川
25 内山
(岡本)
傳田
()
八子
()
井上
(深津)
23
山田
()
白岩
(前田)
筧本
(町野)
中島
(安永)

()
イゴール
()
ヴィソット
()
越川
()
古賀(幸) リベロ 唐川

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 両チーム共にレベルの高いバレーボールを展開していたと思う。2セット目終盤までは常にリードする展開だったが、2セット目を取りきる事が出来ず、逆に相手を勢いづかせてしまったと思う。改めて1点の重みを感じるゲームだったと思う。
 ファンの皆様、ご声援ありがとうございました。
 

要約レポート

 第1レグをこれまで全勝の豊田合成トレフェルサが昨年の王者JTサンダースを迎えてのホームゲームは、豊田合成イゴールとJTヴィソットのアタックの応酬に加え、JT越川のアタックも加わり見ごたえのある戦いとなった。結果は地元の大きな応援をバックに奮起した豊田合成が勝利し全勝をキープした。
 第1セットスタートはJTがリズム良く3点差を付ける。豊田合成も粘りを見せて1点差にすると、そこからは両チームゆずらない展開となる。2回目のテクニカルタイムアウトを迎えると、そこからJTが速攻を混ぜて攻撃のリズムを変えセットを先取。このセット両チーム外国人選手の強打の打ち合いが目を引いたが、JT越川がアタック成功率75%を上げ、セットを勝利する中心だった。
 第2セットもJTが先行して豊田合成が追いつく展開であったが、セット終盤に豊田合成が白岩のブロックとアタックで攻撃のリズムにのるとデュースの末、豊田合成がセットを取り返した。
 第3セット・第4セットはお互いにラインナップのスタート位置を工夫し、相手の攻撃に対するフォーメーションの対応をして、第1・2セットよりもさらに競った展開となるが、豊田合成が近と傳田のクイックを効果的に混ぜて攻撃のリズムにのり、JTに勝ち切った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 水越 義雄