V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
121
[開催日]
2015/11/21
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
3,150
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:25
[試合時間]
1:25
[主審]
村中 伸
[副審]
田中 昭彦

サントリーサンバーズ

監督: ジルソン ベルナルド
コーチ: 栗原 圭介
通算ポイント: 3
通算: 1勝5敗
0

ポイント
0
20 第1セット
【0:24】
25 3

ポイント
3
21 第2セット
【0:28】
25
17 第3セット
【0:27】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 印東 玄弥
コーチ: 上杉 徹
通算ポイント: 8
通算: 3勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日は、堺の強烈なサービスに圧倒されて、そして安定したレシーブ力に勝てなかった。
 自チームは、1、2セット目は、比較的サイドアウトを維持することが出来たが、ブレイクポイントを決めるチャンスの時、ブロックされた場面もいくつかあった。
 チームの状況は厳しいが、明日の試合に向けてスイッチを切りかえて、全力で頑張ります。
 最後まで諦めず頑張っていきます。

20 椿山
()
星谷
()
松本
(内藤)
千々木
()
25
金子
()
柳田
()
ペピチ
()
佐川
()
鈴木
(米山)
阿部
()
石島
()
出耒田
()
酒井 (鶴田) リベロ 井上 (坂梨)
21 星谷
(米山)
柳田
()
松本
(内藤)
千々木
()
25
椿山
(栗山)
阿部
()
ペピチ
()
佐川
()
金子
()
鈴木
()
石島
()
出耒田
()
酒井 (鶴田) リベロ 井上
17 鈴木
(米山)
金子
(松崎)
松本
()
千々木
()
25
阿部
()
栗山
()
ペピチ
()
佐川
()
柳田
()
星谷
()
石島
()
出耒田
(内藤)
酒井 (鶴田) リベロ 井上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ダイナミックなサーブや、守備や攻撃などの同調性では開幕戦より良くなってきた部分も多い。反面、冷静さを欠いて質が粗くなることがあるので、勝った試合から学び、今後に生かしていきたい。
 現状に満足せず、チームワークを高めて明日に挑みます。
 全国からブレイザーズサポーターに集まっていただき、勝利を後押しする応援をありがとうございました。

要約レポート

 堺ブレザーズ対サントリーサンバーズの試合。
 第1セット、序盤から一進一退でゲームは進み、中盤堺は出来田のアタックとブロックポイントでリードし、終盤石島の連続サービスエースでリードを広げる。サントリーも、終盤椿山のアタック、サービスエースで、追従するが堺は松本のブロックでセットを先取する。
 第2セット、序盤堺はペピチ、千々木のアタックでリードすると、中盤もペピチ、松本のアタックで引き離し、終盤も堺は出来田のブロック、千々木のアタックでリードを広げる。、サントリーも終盤柳田のアタックで追いすがるも、堺はペピチのアタックでセットを連取する。。
 第3セット、序盤サントリーは阿部のブロック、栗山のアタックでリードするが、堺はペピチのアタックで逆転すると、中盤もペピチの3本のサービスエースを含む連続8ポイントでリード広げる。サントリーも終盤米山のサービスエース、柳田のアタックで追いすがるが、佐川のブロックが決まり、マッチポイントを握り勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 塚本 健二