V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
116
[開催日]
2015/11/14
[会場]
鳥取県立米子産業体育館
[観客数]
1,000
[開始時間]
16:05
[終了時間]
18:25
[試合時間]
2:20
[主審]
西中野 健
[副審]
中山 健

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 11
通算: 4勝0敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:23】
16 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:33】
27
25 第3セット
【0:25】
19
24 第4セット
【0:30】
26
15 第5セット
【0:17】
12

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 阿部 篤史
通算ポイント: 3
通算: 0勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 接戦になったが勝ち切れたということが我々にとって重要だ。
 フルセットということでポイントを1点失ったという見方もあるが、2点を勝ち取ったことが大きい。
 本日も温かいご声援ありがとうございました。

25 イゴール
()

()
セルジオ
()
手塚
(山岡)
16
白岩
()
高松
()
奥村
()
鈴木(頌)
(長友)
傳田
()
内山
(前田)
山田
(竹浪)
山本(将)
(盛重)
古賀(幸) リベロ 橘(裕)
25 白岩
(前田)
イゴール
()
鈴木(頌)
(長友)
山本(将)
(岡崎)
27
傳田
()

()
手塚
()
山田
(山岡)
内山
(岡本)
高松
(井上)
セルジオ
()
奥村
(衛藤)
古賀(幸) リベロ 橘(裕)
25 イゴール
()

()
鈴木(頌)
()
岡崎
()
19
白岩
()
高松
()
手塚
(山田)
山岡
(竹浪)
傳田
()
内山
(重村)
セルジオ
()
奥村
(衛藤)
古賀(幸) リベロ 橘(裕)
24 白岩
()
イゴール
()
鈴木(頌)
()
岡崎
(盛重)
26
傳田
()

()
手塚
()
山岡
(竹浪)
内山
(重村)
高松
(山田)
セルジオ
()
衛藤
(長友)
古賀(幸) リベロ 橘(裕)
15 傳田
()
白岩
()
鈴木(頌)
()
岡崎
(盛重)
12
内山
()
イゴール
()
手塚
()
山岡
(竹浪)
山田
()

()
セルジオ
()
衛藤
(長友)
古賀(幸) リベロ 橘(裕)

監督コメント

 今日もチームのためにたくさんの応援に来ていただいてありがとうございました。
 3試合連続フルセットのゲームを勝ちきれなかった事は非常に残念だが、これを成長の糧として明日のゲームに挑みたい。

要約レポート

 開幕4連勝を狙う豊田合成トレフェルサと、初白星を狙うFC東京の一戦。
 第1セット、豊田合成は高松の安定感あるプレーでリードを広げ、FC東京を終始圧倒した。終盤、FC東京は第2セットにつながる良い流れを掴んだ。
 第2セット、FC東京は第1セット終盤からの良いリズムに乗り、セルジオの攻撃と岡崎のサーブで豊田合成を崩し、セットを奪い返した。
 第3セット、緊迫感あるセットとなった。FC東京は岡崎のスパイクでリードする。豊田合成は近のサーブで崩し、連続得点し、追いつく。豊田合成は高松が会場に響き渡る闘志あふれる声で指示を出し、チームの士気を高め、このセットを奪い取った。
 第4セット、息詰まる熱戦となった。豊田合成はイゴール、傳田の打点の高いスパイク、ブロックで得点を重ねた。対するFC東京は岡崎、手塚、衛藤らのサーブで崩し、多彩な攻撃でこのセットを勝ち取った。
 第5セット、近、イゴール、山田らのスパイクで確実に得点を重ねた豊田合成が、粘り強く反撃するFC東京を寄せ付けなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 飯塚 友理