V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
113
[開催日]
2015/11/14
[会場]
敦賀市総合運動公園体育館
[観客数]
2,098
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:23
[試合時間]
1:23
[主審]
高橋 弘二
[副審]
小野 将人

サントリーサンバーズ

監督: ジルソン ベルナルド
コーチ: 栗原 圭介
通算ポイント: 1
通算: 0勝4敗
0

ポイント
0
19 第1セット
【0:26】
25 3

ポイント
3
21 第2セット
【0:26】
25
17 第3セット
【0:25】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 古田 博幸
通算ポイント: 9
通算: 3勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 パナソニックは最後まであきらめずすばらしいバレーを見せた。
 自チームは、まだ自信が足りなくてサントリーらしいプレーが発揮できていない。外国人選手がいないとはいえ、能力のあるプレイヤーが揃っているのでレベルの高いバレーが提供できるはず。状況は非常に厳しいが、これをチャンスに変えて優勝を目指していきます。
 ファンの皆様、力を貸していただき、一緒に最後まで闘っていきましょう。

19 鈴木
(松崎)
金子
(柳田)
山添
()
渡辺
(谷村)
25
岡本
()
椿山
()
清水
()
深津
(池田)
栗山
()
山村
(米山)
ダンチ
()
白澤
()
酒井 リベロ 永野
21 岡本
(星谷)
鈴木
()
山添
(専田)
渡辺
(谷村)
25
栗山
()
柳田
()
清水
()
深津
(池田)
山村
()
椿山
(米山)
ダンチ
()
白澤
()
酒井 リベロ 永野
17 山村
(星谷)
柳田
()
山添
(専田)
渡辺
(谷村)
25
栗山
(椿山)
岡本
(阿部)
清水
()
深津
(池田)
金子
(松崎)
鈴木
(米山)
ダンチ
()
白澤
()
酒井 リベロ 永野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 サントリーさんのパワーあるサーブを何とかしのいで自分達のリズムを作ることができた。
 自チームもサーブ・ブロックの関係がしっかりでき、良い形で機能できた。
 まだ連続失点や、単純なミスが出ているので、その辺を修正していき明日に挑みたい。
 雨の中、本日もたくさんのご声援本当にありがとうございました。

要約レポート

 パナソニックパンサーズが、清水のスパイクを中心に得点を重ね、危なげない試合運びで、セットカウント3-0でストレート勝ちした。
 第1セット序盤、パナソニックのセッター深津は清水にボールを集め攻撃を展開する。一方サントリーサンバーズのセッター岡本は、センター鈴木、山村を中心に攻撃を組み立てた。中盤、要所でパナソニックは、ダンチのブロック、スパイクが決まりサントリーを突き放した。
 第2セットサントリーは、柳田、栗山のスパイクなどで奮闘するも、パナソニックの清水、ダンチ、渡辺のスパイクやブロックの前に屈した。
 第3セットサントリーは、レフトの栗山をオポジットに置き替え流れを変えようとした。またリベロ酒井の好守など最後まであきらめない姿勢がみられたが、スパイカーのミスが多く、清水、ダンチの攻撃を中心としたパナソニックの勢いを止めることができなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 青木 毅志