V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
110
[開催日]
2015/11/08
[会場]
墨田区総合体育館
[観客数]
1,750
[開始時間]
16:20
[終了時間]
18:39
[試合時間]
2:19
[主審]
村上 成司
[副審]
服部 篤史

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算ポイント: 7
通算: 3勝0敗
3

ポイント
2
24 第1セット
【0:31】
26 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:25】
15
25 第3セット
【0:28】
19
20 第4セット
【0:26】
25
15 第5セット
【0:17】
10

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 印東 玄弥
コーチ: 上杉 徹
通算ポイント: 3
通算: 1勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日も質の高いゲームだったが、ものすごく厳しい試合だった。しかし重要な場面で得点をとることが出来た事が勝因だ。特に両チームのサーブは非常にレベルの高いもので、それが試合の質を上げたと思う。
 選手達は最後まで気持ちを切らさずに本当によくやってくれたと思う
 ファンの皆様ご声援ありがとうございました。

24 ヴィソット
()
筧本
()
今村(駿)
()
出耒田
(木村)
26
越川
()
八子
()
千々木
(伊藤)
石島
()
安永
(井上)
深津
()
横田
()
ペピチ
()
唐川 リベロ 坂梨
25 越川
()
ヴィソット
()
今村(駿)
(佐川)
出耒田
(内藤)
15
安永
()
筧本
()
千々木
(伊藤)
石島
()
深津
()
八子
()
横田
()
ペピチ
()
唐川 リベロ 坂梨
25 ヴィソット
()
筧本
()
今村(駿)
(松岡)
出耒田
()
19
越川
()
八子
()
千々木
(伊藤)
石島
()
安永
(井上)
深津
()
横田
()
ペピチ
(佐川)
唐川 リベロ 坂梨
20 越川
()
ヴィソット
()
千々木
()
今村(駿)
()
25
安永
(町野)
筧本
()
横田
()
出耒田
(内藤)
深津
()
八子
()
ペピチ
()
石島
()
唐川 リベロ 坂梨
15 越川
()
ヴィソット
()
千々木
(伊藤)
今村(駿)
()
10
町野
()
筧本
()
横田
()
出耒田
()
深津
()
八子
()
ペピチ
()
石島
()
唐川 リベロ 坂梨

監督コメント

 昨日と同じ2セット連取されてから5セットに持ち込んだ部分はプラスになった。しかしやるべき事を徹底しきれず接戦を落としたことは早急に改善していきたい。
 両チームともサーブの得点が8と改めて見ごたえがあったと思う。2日で10セットをサポーターの応援のもとで行えた事に感謝いたします。次戦では勝利を届けられるよう精進します。

要約レポート

 昨日の試合を共にフルセットで勝利した堺ブレザーズ対JTサンダースの試合。
 第1セット、序盤から一進一退でゲームは進み、終盤堺は出来田のアタック、石島のサービスエースでリードする。JTも越川、ヴィソットのアタックでデュースとするが、堺は石島のブロックでセットを先取する。
 第2セット、JTは序盤から安永、ヴィソットのアタックでリードする。堺もペピチのアタックで反撃するも、中盤JTは越川、横田のアタックで引き離し、筧本のアタックでセットポイントを握りそのままセットを取り返す。
 第3セット、JTは序盤からヴィソット、八子のアタックでリードし、八子、安永のアタックでリードを広げる。堺も石島とかわって出場した松岡のアタックで反撃するも、JTがヴィソットのブロックで連取する。
 第4セットは序盤から一進一退のゲームとなる。中盤、堺は石島、千々木、ペピチのアタックでリードする。JTもヴィソット、越川のアタックで追撃するも、堺は千々木、ペピチのアタックで引き離し、横田のブロックでフルセットに持ち込む。
 第5セット、序盤から一点を争うゲーム。終盤、JTは筧本、越川のブロックで抜けだす。堺も横田のブロック、アタックで反撃するも、JTはペピチのブロックポイントでマッチポイントを掴むと、最後は八子の強烈なアタックで激戦を勝利で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 塚本 健二