V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
108
[開催日]
2015/11/07
[会場]
刈谷市総合運動公園体育館(ウィングアリーナ刈谷)
[観客数]
1,820
[開始時間]
15:05
[終了時間]
17:19
[試合時間]
2:14
[主審]
江下 毅
[副審]
田野 敏彦

ジェイテクトSTINGS

監督: 増成 一志
コーチ: 豊田 昇平
通算ポイント: 5
通算: 2勝0敗
3

ポイント
2
27 第1セット
【0:32】
25 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:25】
21
20 第3セット
【0:28】
25
13 第4セット
【0:21】
25
15 第5セット
【0:16】
9

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 篠田 歩
通算ポイント: 1
通算: 0勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1・2セット目はサーブが機能し、相手の速い攻撃を封じることができたが、3・4セット目は課題である連続ミス、連続失点で相手にリズムを与えてしまった。しかし、5セット目は全員バレーで戦い、試合を勝ち取ることができました。
 明日も全員バレー(One ジェイテクト)で戦います。
 本日はたくさんの応援ありがとうございました。

27 カジースキ
()
古田
()
星野
(井手)
梅野
(藤井)
25
金丸
(江頭)
袴谷
()
富松
(米山)
伏見
()
高橋(慎)
(角田)
高橋(和)
()
ジョルジェフ
()
佐野
(鈴木)
本間 リベロ 渡辺
25 金丸
(江頭)
カジースキ
()
藤井
(相澤)
伏見
()
21
高橋(慎)
()
古田
()
星野
(米山)
鈴木
()
高橋(和)
()
袴谷
()
富松
()
ジョルジェフ
()
本間 リベロ 渡辺
20 カジースキ
()
古田
(清野)
米山
()
藤井
()
25
金丸
()
袴谷
()
富松
()
伏見
(黒木)
高橋(慎)
(角田)
高橋(和)
(浅野)
ジョルジェフ
()
鈴木
()
本間 リベロ 渡辺
13 金丸
()
カジースキ
(角田)
藤井
()
伏見
()
25
高橋(慎)
()
古田
(清野)
米山
()
鈴木
(井手)
高橋(和)
(浅野)
袴谷
(辰巳)
富松
()
ジョルジェフ
()
本間 リベロ 渡辺
15 金丸
()
カジースキ
()
藤井
(相澤)
伏見
(梅野)
9
高橋(慎)
(古田)
清野
()
米山
()
鈴木
(井手)
高橋(和)
()
辰巳
()
富松
()
ジョルジェフ
()
本間 リベロ 渡辺

監督コメント

 スタートの悪さが最後まで尾を引いてしまった。
 2セットのビハインドから2セット取り返したところまでは良かったが、5セットはジェイテクトの勢いに押されてしまった。
 明日は絶対に勝たなければならないので、しっかり切り替えて臨みたい。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 ジェイテクトSTINGSと東レアローズの試合はフルセットとなる白熱した試合の結果、ジェイテクトが勝利し開幕2連勝をあげた。
 第1セットをデュースの末に取ったジェイテクトは、粘り強いバレーと新加入のカジースキを中心とする攻撃で試合のペースを掴み第2セットも接戦の末連取。
 第3、第4セットは東レのジョルジェフ、鈴木の攻撃や富松のブロックが決まり始め、東レが2セット連取して流れは東レへ傾くが、最終セットにジェイテクトのカジースキ、清野の勢いが戻りジェイテクトが勝利した。
 ジェイテクトは地元応援団の前で開幕2連勝を飾り応援に応えることができた。
 東レは最後まで流れを掴むことができず、開幕2連敗となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山本 徹