V・プレミアリーグ男子 2015/16 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
107
[開催日]
2015/11/07
[会場]
刈谷市総合運動公園体育館(ウィングアリーナ刈谷)
[観客数]
1,750
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:26
[試合時間]
1:26
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
森口 豊

サントリーサンバーズ

監督: ジルソン ベルナルド
コーチ: 栗原 圭介
通算ポイント: 0
通算: 0勝2敗
0

ポイント
0
22 第1セット
【0:29】
25 3

ポイント
3
19 第2セット
【0:27】
25
16 第3セット
【0:24】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 6
通算: 2勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 まず豊田合成の団結力のすばらしさを讃えたい。
 自分のチームは多くの場面で食い違いがあり、昨シーズンと違ってサントリーらしくない所が見られた。これからはサントリーらしさを思い出し、元気なバレーが見せられるように全力を尽くしたい。
 まだまだ成長できるところが多く有る。成長するためには、まず皆がそれぞれの力を信じる必要がある。
 ファンの皆様、今日も熱い声援をありがとうございました。サントリーを信じて今後も応援をお願いします。

22 エバンドロ
()
山村
(椿山)
イゴール
()

()
25
柳田
(金子)
栗山
()
白岩
(前田)
高松
()
鈴木
(米山)
阿部
(岡本)
傳田
()
内山
(岡本)
鶴田 (酒井) リベロ 古賀(幸)
19 鈴木
(米山)
栗山
()
イゴール
()

()
25
岡本
()
エバンドロ
()
白岩
(前田)
高松
()
金子
()
山村
(柳田)
傳田
()
内山
(岡本)
鶴田 (酒井) リベロ 古賀(幸)
16 エバンドロ
(椿山)
山村
()
イゴール
()

(井上)
25
栗山
(松崎)
金子
()
白岩
()
高松
()
鈴木
(星谷)
岡本
(阿部)
傳田
()
内山
(前田)
鶴田 (酒井) リベロ 古賀(幸)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 先週に続きチームとして良いパフォーマンスが出来、相手に比べミスの少なく賢いバレーボールを展開できた。シーズン序盤であろうと終盤であろうと、ポイント3を取りこぼす事無くしっかりと積み重ねていきたい。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 開幕戦を白星でスタートした豊田合成トレフェルサが、地元での今リーグ初戦をサントリーサンバーズに
セットカウント3‐0のストレートで開幕2連勝を飾った。
 第1セット、スタートから豊田合成の高松、イゴールのスパイクで得点しリズムに乗るが19‐15でサントリー栗山がイゴールをブロックで止めると1点差まで盛り返すが、最後も豊田合成の高松がブロックとスパイクを決めセットを奪った。
 第2セット、豊田合成が強弱を付けた戦略的なサーブで崩し、2本のブロックで流れを掴むと効果的に速攻も混ぜて攻撃を組み立てセットを連取。サントリーも岡本がこの日当たっている豊田合成の高松をブロックで止め、またキャプテン栗山がアタックを決めて追い上げるが豊田合成の勢いは止まらなかった。
 第3セット、スタートは一点を取り合う競った展開となるが、豊田合成のイゴールがサントリーのエバンドロを2本ブロックで止めると一気に突き放しリードを広げる。サントリーも終盤に星谷がイゴールをブロックし止めるが、サーブミスも含めミスが続き豊田合成の勢いを止められなかった。
 試合を通して豊田合成のリベロ古賀(幸)の強打のサーブへの対応とスパイクレシーブが光っていた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 水越 義雄