V・プレミアリーグ男子 2014/15 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
399
[開催日]
2015/03/22
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
1,500
[開始時間]
15:40
[終了時間]
17:37
[試合時間]
1:57
[主審]
阿部 広太郎
[副審]
高橋 宏明

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 真保 綱一郎
通算ポイント: 3
通算: 0勝5敗
1

ポイント
0
25 第1セット
【27】
22 3

ポイント
3
20 第2セット
【26】
25
23 第3セット
【30】
25
20 第4セット
【25】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 12
通算: 3勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

長期にわたるリーグ戦、本当にたくさんのご声援ありがとうございました。また、不本意な結果となり、ファンの皆様には大変申し訳なく思います。
今シーズンの結果を真摯に受け止め、新たなパナソニックパンサーズで来シーズンを臨みたいと思います。
 皆様本当に応援ありがとうございました。

25 渡辺
()
清水
()
イゴール
()

()
22
白澤
(ブロックソム)
山添
(専田)
高松
(岡本)
白岩
(山田)
深津
(池田)
福澤
()
傳田
()
内山
(山近)
永野 リベロ 古賀(幸)
20 白澤
(ブロックソム)
渡辺
()
山近
()
岡本
()
25
深津
(池田)
清水
()
イゴール
()
前田
(細中)
福澤
()
山添
(専田)
高松
(白岩)
傳田
()
永野 リベロ 古賀(幸)
23 渡辺
()
清水
()
山近
()
岡本
(山田)
25
白澤
()
山添
(専田)
イゴール
()
前田
(細中)
深津
(池田)
福澤
(ブロックソム)
高松
(白岩)
傳田
()
永野 リベロ 古賀(幸)
20 白澤
()
渡辺
()
山近
()
山田
()
25
深津
()
清水
()
イゴール
()
前田
()
福澤
(ブロックソム)
山添
(専田)
高松
(黒澤)
傳田
()
永野 リベロ 古賀(幸)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 立ち上がりは悪かったが、第2セット以降、新しくコートに入った選手が良い雰囲気を持ち込み、楽しんでプレーしてくれた。普段なかなか出場機会のない若手の選手にチャンスを与えられたのは大きい。
 ファイナル6を終え、次はいよいよファイナル3。この若いチームでファイナル3に進んだことは、チームにとっても会社にとっても、応援してくださる皆様にとっても大変誇らしい結果です。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 ファイナル3進出を決め、勢い付けたい豊田合成トレフェルサと、最終戦を勝利したいパナソニックパンサーズの一戦。
 第1セット、パナソニックは深津の多彩なトスワークでリードする。豊田合成も岡本、山田にアタッカーを替え流れを変えようとするが、そのままパナソニックが先取する。
 第2セット、豊田合成はセッターを前田に替え、軟打を有効に活用し、緩急つけた攻撃でリードする。パナソニックは専田、ブロックソムをサーブで起用するが、豊田合成は岡本が安定したレシーブをみせ、セットを取り返す。
 第3セット、豊田合成はイゴール、高松のサービスエースでリードする。一方パナソニックも渡辺のサービスエースや深津のブロックで逆転するが、豊田合成は高松のアタック、傳田のサービスエースで再逆転を果たし、ポイントとなる場面で古賀(太)のレシーブから得点をあげ連取する。
 第4セット、パナソニックは清水、豊田合成は傳田、山田がブロックし、互いに譲らずゲームは進む。中盤から、豊田合成は山田、イゴールの攻撃でリードをひろげ、そのまま勝利しファイナル3に勢いをつけた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高澤 佳江