V・プレミアリーグ男子 2014/15 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
398
[開催日]
2015/03/22
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
1,270
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:49
[試合時間]
1:49
[主審]
村中 伸
[副審]
澤 達大

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算ポイント: 16
通算: 4勝1敗
1

ポイント
0
25 第1セット
【23】
19 3

ポイント
3
21 第2セット
【26】
25
22 第3セット
【28】
25
19 第4セット
【23】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 豊田 昇平
通算ポイント: 8
通算: 3勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 これまで出場機会の少なかった選手達にチャンスを与えたかった。よいプレーもあったが、若さ、経験値の少なさからミスが出てしまい、結果的に敗れてしまったことは残念だが、成長する為には必要な経験であると思う。
 ジェイテクトのプレーは昨日に続き素晴らしかった。勝利に値するチームだったと思うし、「おめでとう」と言いたい。これからは4月5日のファイナルへ向けてしっかりと準備を行いたい。
 ファンの皆様ご声援ありがとうございました。

25 安永
()
越川
()
松崎
(松原)
高橋(和)
()
19
井上
()
ヴィソット
()
エルナンデス
()
高橋(慎)
(古田)
八子
()
筧本
()
浅野
()
金丸
()
久原 リベロ 興梠
21 安永
()
越川
()
エルナンデス
()
松崎
(松原)
25
井上
()
安井
()
浅野
()
高橋(和)
()
八子
()
筧本
()
金丸
()
高橋(慎)
(古田)
久原 リベロ 興梠
22 深津
()
安永
()
松崎
(松原)
高橋(和)
()
25
小澤
()
八子
()
エルナンデス
()
高橋(慎)
(古田)
筧本
(中島)
安井
()
浅野
()
金丸
()
久原 リベロ 興梠
19 安永
()
吉岡
()
エルナンデス
()
松崎
(松原)
25
深津
()
安井
()
浅野
()
高橋(和)
()
小澤
()
中島
()
金丸
()
高橋(慎)
(古田)
久原 リベロ 興梠

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 まずはじめに今リーグを無事に終えることができたことはバレー関係者、ファンの皆様、会社関係者、家族の支えがあったお陰です。この場を借りてお礼申し上げます。
 今リーグでは「ONE」ジェイテクトとして挑みファイナル3に出場できなかったものの、リーグを通して選手全員が成長し、過去最高の成績を収めることが出来た。選手1人1人を褒め称えたい。
 リーグ期間中たくさんの方々に応援頂き本当にありがとうございました。

要約レポート

 ファイナル進出を決めたJTサンダーズと、ジェイテクトSTINGSの対戦。
 第1セット、JTは越川が中心となり、久原の安定したレシーブから、筧本がサーブで相手を崩し、安永を中心としたブロックで8点をあげて先取する。
 逆に第2セット、ジェイテクトは浅野の好レシーブから、高橋(和)のアタックで3連続得点しリードする。中盤、JTは八子、筧本、安井がサーブで相手を崩し同点に追いつく。しかし、ジェイテクトは金丸のサーブで相手を崩すと、このセットを取り返す。
 第3セット、セットごとにメンバーを入れ替えるJTに対し、ジェイテクトは優位に試合を進める。その中でジェイテクト・興梠、JT・唐川のリベロが互いに好レシーブを見せる。ジェイテクトは浅野、エルナンデスがアタックで得点を重ね連取する。
 第4セット、JTは安井が攻撃でチームを引っ張りリードする。しかし、ジェイテクトは浅野、金丸、エルナンデスの3連続ブロックで逆転すると、エルナンデスの強力なサーブでリードをひろげ、シーズン最終戦を勝利で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高澤 佳江