V・プレミアリーグ男子 2014/15 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
397
[開催日]
2015/03/21
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
1,830
[開始時間]
16:30
[終了時間]
18:40
[試合時間]
2:10
[主審]
澤 達大
[副審]
高橋 宏明

堺ブレイザーズ

監督: 印東 玄弥
コーチ: シーグル ファン ダイク フェストイ
通算ポイント: 8
通算: 2勝3敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【25】
22 3

ポイント
2
25 第2セット
【25】
21
23 第3セット
【28】
25
21 第4セット
【25】
25
13 第5セット
【15】
15

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 豊田 昇平
通算ポイント: 5
通算: 2勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 チーム全員が最後までベストを尽くしたが目標に届かなかった。
 後半調子を上げ、大胆かつ、的確なプレーをしたジェイテクトを祝福したい。
 苦しい時期に各会場で熱心に応援を続けて下さったサポーター、ファン、関係者の方々には心から感謝の気持ちを伝えていと思います。これから今シーズンの教訓を胸に刻んで強くなって戻ってきます。
 

25 出耒田
(内藤)
石島
()
松崎
(辰巳)
高橋(和)
()
22
佐川
()
ペピチ
()
エルナンデス
()
高橋(慎)
(古田)
千々木
()
松本
()
浅野
()
金丸
(松原)
井上 リベロ 興梠
25 出耒田
(伊藤)
石島
()
エルナンデス
()
辰巳
()
21
佐川
()
ペピチ
()
浅野
()
高橋(和)
()
千々木
()
松本
()
金丸
(松原)
高橋(慎)
(古田)
井上 リベロ 興梠
23 出耒田
(内藤)
石島
()
辰巳
()
高橋(和)
()
25
佐川
()
ペピチ
()
エルナンデス
()
高橋(慎)
(古田)
千々木
()
松本
(伊藤)
浅野
()
金丸
(松原)
井上 リベロ 興梠
21 出耒田
()
石島
(内藤)
エルナンデス
()
辰巳
()
25
佐川
()
ペピチ
()
浅野
()
高橋(和)
()
千々木
()
松本
()
金丸
(松原)
高橋(慎)
(松崎)
井上 リベロ 興梠
13 出耒田
()
石島
(内藤)
辰巳
()
高橋(和)
()
15
佐川
()
ペピチ
()
エルナンデス
()
高橋(慎)
(松崎)
千々木
()
松本
(横田)
浅野
()
金丸
(松原)
井上 リベロ 興梠

監督コメント

 1、2セットは堺の強いサーブでレシーブが安定せず苦しい場面が多かったが、第3セット以降リベロ興梠と高橋(和)を中心として粘り強く我慢してくれたことで徐々に流れを引き寄せることが出来た。大変厳しい試合であったが全員で勝ち取った勝利である。
 明日はレギュラーラウンド1位のJTとの試合でファイナル6最終戦でもあり、厳しい試合となるが「ONE」ジェイテクトとして挑みたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございます。明日も引き続きご声援宜しくお願いいたします。

要約レポート

 ファイナル3に向け勝利したい堺ブレイザーズと、ジェイテクトSTINGSの対戦。
 第1セット、堺は千々木、ペピチのサーブでリードすると、セッター佐川もトスでブロッカーを翻弄する。ジェイテクトも高橋(慎)が同じ攻撃をみせるが、中盤、堺はペピチのサービスエースなどで連続得点をあげリードを拡げる。終盤、ジェイテクトはエルナンデスのアタックで追いかけるが及ばず、堺が先取する。第2セットも、堺はペピチ、石島のサーブで相手を崩し得点をあげ、リードすると、千々木を中心として安定した攻撃をみせる。ジェイテクトは辰巳、浅野のアタックで得点するが、堺の高いブロックに阻まれてしまう。終盤、ジェイテクトは高橋(和)のブロックやエルナンデスのアタックで追いすがるが、堺が連取する。
 第3セット、ジェイテクトがエルナンデスのサーブでこの試合初めてリードする。中盤、堺は千々木がレシーブ、サーブと攻守にわたり活躍し、石島のブロック、ペピチのアタックで追いつき、終盤まで一進一退でゲームは進むが、ジェイテクトがエルナンデスのアタックでセットを取る。第4セット、ジェイテクトは辰巳のサーブ、エルナンデスのスパイクでリードすると、交替で入った松原のサービスエースでフルセットに持ち込んだ。第5セット、両チーム譲らずゲームが進む。ジェイテクトは第4セット同様、松原のサーブで相手を崩すと、そのまま勝利し、堺のファイナル3を阻んだ。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高澤 佳江