V・プレミアリーグ男子 2014/15 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
396
[開催日]
2015/03/21
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
2,120
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:40
[試合時間]
1:40
[主審]
村中 伸
[副審]
阿部 広太郎

サントリーサンバーズ

監督: ジルソン ベルナルド
コーチ: 栗原 圭介
通算ポイント: 13
通算: 3勝2敗
0

ポイント
0
23 第1セット
【32】
25 3

ポイント
3
25 第2セット
【32】
27
20 第3セット
【30】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算ポイント: 16
通算: 4勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 自チームに関しては、サイドアウトの時にもう少し集中する必要がある。
JTは非常に強い相手であり、我々の弱点を賢く攻めてきた。しかし、サントリーは、激しい状況の中でも立ち上がる力を持っているので、次の試合に向けて頑張って行きます。ファンの皆様、仙台でお待ちしていますので、ご期待ください。

23 山村
(米山)
栗山
()
筧本
()
小澤
()
25
岡本
(冨士田)
エバンドロ
(柴小屋)
ヴィソット
()
深津
()
金子
()
鈴木
()
越川
()
町野
()
鶴田 リベロ 酒井
25 山村
(米山)
栗山
(柴小屋)
ヴィソット
()
筧本
()
27
岡本
()
エバンドロ
()
越川
()
小澤
()
金子
(冨士田)
鈴木
()
町野
()
深津
()
鶴田 リベロ 酒井
20 山村
()
柴小屋
()
筧本
()
小澤
()
25
岡本
(橋本)
エバンドロ
()
ヴィソット
()
深津
()
金子
(米山)
鈴木
(椿山)
越川
()
町野
(安井)
鶴田 リベロ 酒井

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 両チームにとって、首位通過を占う非常に重要な一戦だった。その緊張感から、序盤はなかなか思うようなプレーができなかったが、1セット目のリードされている状況から、リズムを取り戻し、逆転でセットを奪えた事。試合全体を通して、非常にミスの少ない試合運びができた事が大きな勝因だ。2年連続で決勝進出できた事に関して、チームだけではなく、ファンの皆様に、心から「おめでとう」と言いたい。ご声援ありがとうございました。

要約レポート

 ファイナル6、一位通過を狙うサントリーサンバーズ対JTサンダースの試合。
 第1セット、序盤から一進一退の白熱した展開。中盤まで、サントリーは、金子のアタック、エバンドロのブロックでリードする。JTは終盤、ヴィソットの3連続アタックで得点し、逆転すると、最後もヴィソットのアタックで先取する。
 第2セット、サントリーはエバンドロ、栗山のアタックでリードする。JTも越川のアタックや筧本のサーブで得点し追い付き、終盤まで一点を取り合いながらデュースにもつれこんだ。最後はレシーブで粘ったJTが、セットを連取する。
 第3セット、サントリーは序盤、柴小屋、エバンドロのアタックでリードする。中盤、JTは町野、小澤のアタック、深津のブロックで得点し逆転。サントリーも終盤、エバンドロの強烈なアタックで反撃するも、JTヴィソットの切れのあるアタックで、勝利する。JTはファイナル6一位通過を掴んだ。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 塚本 健二