V・プレミアリーグ男子 2014/15 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
392
[開催日]
2015/03/14
[会場]
松本市総合体育館
[観客数]
2,500
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:50
[試合時間]
1:50
[主審]
大塚 達也
[副審]
浅井 唯由

サントリーサンバーズ

監督: ジルソン ベルナルド
コーチ: 栗原 圭介
通算ポイント: 13
通算: 3勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【26】
21 1

ポイント
0
25 第2セット
【26】
20
22 第3セット
【26】
25
25 第4セット
【23】
13
第5セット
【】

【 】内はセット時間

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 真保 綱一郎
通算ポイント: 3
通算: 0勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

ハードルの高い相手であったがサントリーはすばらしい姿勢で戦ってくれて、非常に良いバレーボールを見せてくれた。
今後ともサントリーらしい戦いぶりで、どの相手に対しても頑張っていきたい。
いつも、「夢は実現するもの」を教えてくれるファンの皆様、本日もありがとうございます。

25 山村
()
栗山
()
山添
(渡辺)
福澤
()
21
阿部
(塩田)
エバンドロ
()
清水
()
深津
(池田)
金子
()
鈴木
(米山)
チアーゴ
()
白澤
(ブロックソム)
鶴田 リベロ 永野
25 山村
()
栗山
()
福澤
()
深津
()
20
阿部
()
エバンドロ
()
山添
(枩田)
白澤
()
金子
()
鈴木
(柳田)
清水
()
チアーゴ
(渡辺)
鶴田 リベロ 永野
22 山村
()
栗山
()
山添
()
福澤
()
25
阿部
(椿山)
エバンドロ
(橋本)
清水
(池田)
深津
(大竹)
金子
(米山)
鈴木
()
チアーゴ
(渡辺)
白澤
()
鶴田 リベロ 永野
25 山村
(米山)
栗山
()
山添
()
福澤
(谷村)
13
阿部
(橋本)
エバンドロ
()
池田
()
大竹
()
金子
(柳田)
鈴木
()
渡辺
(チアーゴ)
白澤
(ブロックソム)
鶴田 リベロ 永野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

第1セットが全てだった。
終始リードしながらの逆転。
自分たちのミスからリズムが悪くなる悪い形が出てしまった。
明日も試合があるので、しっかりと戦っていきたい。
本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 レギュラーラウンド後半からファイナル6へと、徐々にチーム力が上向いてきたサントリーサンバーズと、よもやの連敗から巻き返しを図るパナソニックパンサーズとの一戦であった。
 第1・第2セットは、序盤パナソニックがリードするも、中盤にサントリーが追いつき、逆転でセットを連取。
 第3セットは逆にサントリーが序盤からリードしていたが、パナソニックも福澤のスパイクポイント、サーブなどで意地を見せ、清水に代わって入った池田も奮闘しこのセットを奪い返す。
 第4セット、パナソニックはスタートからセッターを深津から大竹、オポジットを清水から池田、ウィングスパイカーのチアーゴを渡辺に代え応戦するが、試合の流れを変えることができずなかった。それに対して、サントリーは相手を崩すサーブと効果的なブロックと、要所でエバンドロにボールを集め的を絞らせない阿部のトスワークも冴え、サントリーが一気に流れを掴み、セットカウント3−1で勝利し大事な試合を確実にものにした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 鏡味 照明