V・プレミアリーグ男子 2014/15 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
390
[開催日]
2015/03/08
[会場]
岐阜メモリアルセンター(で愛ドーム)
[観客数]
1,385
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:39
[試合時間]
1:39
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
戸川 太輔

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算ポイント: 10
通算: 2勝0敗
3

ポイント
3
28 第1セット
【31】
26 0

ポイント
0
25 第2セット
【30】
23
26 第3セット
【32】
24
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 印東 玄弥
コーチ: シーグル ファン ダイク フェストイ
通算ポイント: 7
通算: 2勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 堺ブレイザーズはシーズンの終盤から連勝を続けた勢いのあるチームで、予想通りの厳しい試合だった。
 第2、3セットとリードされている状況ではあったが、選手たちは決してあきらめる事ななくメンタル面で大きな力を見せたと思う。選手たちには心からおめでとうと言いたい。3対0というスコア以上に両チーム共レベルの高い素晴らしいバレーボールを展開していた。
 ファンの皆様ご声援ありがとうございました。

28 深津
()
町野
()
松本
()
千々木
()
26
小澤
()
越川
()
ペピチ
()
佐川
()
筧本
()
ヴィソット
()
石島
()
出耒田
()
酒井 リベロ 井上
25 町野
()
越川
()
松本
(内藤)
千々木
()
23
深津
()
ヴィソット
()
ペピチ
()
佐川
()
小澤
()
筧本
()
石島
(伊藤)
出耒田
()
酒井 リベロ 井上
26 深津
()
町野
()
佐川
(今村)
出耒田
()
24
小澤
(八子)
越川
()
千々木
()
石島
()
筧本
()
ヴィソット
()
松本
()
ペピチ
()
酒井 リベロ 井上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ファイナル6の中間地点でV・レギュラーラウンド1位のJTと対戦出来たことは幸運。今季のJTは勝負所でのプレーの選択が素晴らしく、今日も研究して準備したことを発揮したと思う。
 対する我々は、過去3戦に比べて、点差は縮まったが、まだまだ改善、向上させるべき部分が多いということを確認出来た。今日の敗戦を無駄にしない様、次戦まで精進する。
 岐阜での2日間、熱い応援ありがとうございました。

要約レポート

 V・ファイナルステージでの戦いが熱を帯びる中で、V・レギュラーラウンド1位のプライドを示したいJTサンダーズと、ファイナル6で2連勝し、波に乗る堺ブレイザーズとの一戦。
 第1セット、JTはヴィソットにボールを集め、対する堺はペピチ、松本、千々木で応戦。激しい点の取り合いとなり、デュースまでもつれたこのセットを、JTがブロックを決めて先取した。
 第2セットも手に汗握る展開となる。堺は17-19からペピチのサーブを起点に逆転。終盤、JTも越川の3連続サービスエースが決まり、セットポイントを取る。最後は粘る堺を押さえ、JTが連取した。
 第3セット、堺は井上の堅守、そして石島が奮起し、チームを鼓舞する。セッター今村を投入し立て直しを図る堺に対し、JTはリードされる場面でも冷静な試合運びをし、デュースとなったセットをブロックで締めくくり、勝利した。
 昨日の熱戦の余韻が残る岐阜メモリアルセンターで、両チームの闘志あふれるプレーが繰り広げられた。応援団の声援、観客の歓声がこだまし、次週へと続くファイナル3進出に向けての争いがさらに楽しみになる一戦であった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 加知 昌彦