V・プレミアリーグ男子 2014/15 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
388
[開催日]
2015/03/07
[会場]
岐阜メモリアルセンター(で愛ドーム)
[観客数]
1,843
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:24
[試合時間]
1:24
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
塚本 健

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 4
通算: 0勝2敗
0

ポイント
0
16 第1セット
【21】
25 3

ポイント
3
20 第2セット
【28】
25
23 第3セット
【29】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

サントリーサンバーズ

監督: ジルソン ベルナルド
コーチ: 栗原 圭介
通算ポイント: 7
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本来であれば、我々の強みであるブロックとディフェンスの連携が今日の試合では悪かった。サントリーの攻撃と我々のディフェンスとのバランスが悪く、失点が重なる場面が多くなってしまった。勝つためには、そのバランスを我々に分があるような展開にしなければならなかった。
 第1セットは、プレーの選択をあやまることが多く、内容の悪いセットになってしまった。その後は、尻上がりに良くなっていったものの、勝利をもぎ取るまでのパフォーマンスには至らず、残念な結果となってしまった。
 本日も熱いご声援ありがとうございました。

16 傳田
()
高松
()
鈴木
(米山)
金子
()
25
内山
(前田)
イゴール
()
エバンドロ
()
阿部
()
白岩
()

()
栗山
()
山村
()
古賀(幸) リベロ 鶴田
20 傳田
()
高松
(山田)
エバンドロ
()
鈴木
(橋本)
25
内山
()
イゴール
()
栗山
()
金子
(米山)
白岩
()

()
山村
()
阿部
(塩田)
古賀(幸) リベロ 鶴田
23 内山
(高松)
傳田
(重村)
鈴木
(米山)
金子
(塩田)
25
白岩
()
岡本
(山近)
エバンドロ
()
阿部
()

()
イゴール
()
栗山
()
山村
()
古賀(幸) リベロ 鶴田

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 サントリーの全メンバーに、まず感謝の気持ちを伝えたい。
 最初から最後まで、戦うしかないという気持ちでコートに入り、良いプレーを見せてくれた。いつもより、さらに「カッコイイ」姿で自分の全力を尽くしてくれて、素晴らしい試合となった。
 明日も、必ずその姿勢を相手に向けたい。ご期待下さい。ファンの皆様、力を合わせて、夢を実現しましょう。

要約レポート

 V・ファイナルステージの第2戦、ファイナル6での勝利を手にしたいサントリーサンバーズと、上位対決の中で確実にポイントを重ねたい豊田合成トレフェルサとの一戦。
 第1セット、サントリーが栗山、エバンドロの切れ味鋭い攻撃や山村、鈴木のブロックなどから得点を重ねて先取した。
 第2セット、豊田合成はイゴールが奮起し、中盤まで互いに譲らない攻防を展開するが、サントリーはエバンドロが抜群の安定感を見せて連取した。
 第3セット、サントリーがリードし、豊田合成が追いかける展開となる。終盤、豊田合成は重村をサーブで投入し21-21と追いつくが、サントリーが堅実なプレーで、必死に食い下がる豊田合成を振り切り勝利した。
 応援団からの熱い声援を受けて両チームの戦いが繰り広げられ、ファイナル6での残り試合が楽しみとなる内容の一戦であった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 加知 昌彦