V・プレミアリーグ女子 2014/15 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
596
[開催日]
2015/03/21
[会場]
鹿児島アリーナ
[観客数]
4,030
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:23
[試合時間]
1:23
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
戸川 太輔

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 17
通算: 4勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【25】
20 0

ポイント
0
25 第2セット
【25】
18
25 第3セット
【27】
20
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 高橋 悠
通算ポイント: 13
通算: 3勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 春らしい陽気の中、会場では大変熱いご声援の中で戦うことができたことを心より嬉しく思っています。ありがとうございました。
 粘り強いディフェンスのNECさんに対し、私たちもリベロ座安を中心に、決して拾い負けせず、応戦することができたように思う。
 また、個々がそれぞれの役割に徹し、献身的なプレーを心がけてくれたことが本日の大きな勝因と言えるだろう。
 ファイナル6も残すところあと1戦。準備を怠らず、しっかり勝ってファイナルへの弾みをつけたい。
 今後とも、温かいご声援の程、よろしくお願いします。

25 石井
()
長岡
()
近江
(古賀)
柳田
()
20
水田
(村田)
岩坂
()
島村
()
大野
()
古藤
()
新鍋
()
山口
(秋山)
白垣
(鳥越)
座安 リベロ 岩崎
25 石井
()
長岡
(中大路)
島村
()
近江
(白垣)
18
水田
()
岩坂
()
山口
(秋山)
柳田
()
古藤
(ミハイロビッチ)
新鍋
()
古賀
(鳥越)
大野
()
座安 リベロ 岩崎
25 石井
()
長岡
(ミハイロビッチ)
近江
(上野)
柳田
()
20
水田
(石橋)
岩坂
()
島村
()
大野
()
古藤
(狩野)
新鍋
(村田)
山口
(秋山)
古賀
(鳥越)
座安 リベロ 岩崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1セット、中盤までNECらしい粘るバレーで良い試合展開となったが久光さんの高いブロックと攻撃力の前に防戦一方となってしまった。
 第2セットに入っても高さのあるブロックだけでなく、ディグも素晴らしい久光さんの前に苦戦を強いられた。
 第3セットも同様な展開となり、力負けしたが、若い選手たちの良いプレーも多く見られたことは収穫となった。
 本日も多くのご声援をいただき、ありがとうございました。
 私たちはファイナル3での2位が確定し、来週の仙台大会へと臨みます。引き続きの応援をよろしくお願い致します。

要約レポート

 首位をキープしたい久光製薬スプリングスと、ファイナル6に入って勝ち点を伸ばし2位に浮上してきたNECレッドロケッツとの戦いとなった。久光製薬は司令塔古藤とリベロ座安を中心に安定した試合を展開し、第1セットは序盤から長岡がスパイクにブロックに要所で点差を重ねセットを奪取する。続く第2セットNECは途中セッターを秋山に交代し全員バレーで追い上げるが久光製薬は新鍋を中心に得点を挙げ振り切る。第3セット久光製薬は岩坂のクイックとブロックで得点を重ね終始リードする。NECは古賀のスパイクで追いすがるが最後も岩坂のクイックが決まりセットカウント3−0で久光製薬が勝利した。これで久光製薬は明日の試合の勝敗に関わらず1位が確定し決勝戦へ駒を進めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 濱田 幸二