V・プレミアリーグ女子 2014/15 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
595
[開催日]
2015/03/15
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
2,270
[開始時間]
15:45
[終了時間]
17:57
[試合時間]
2:12
[主審]
明井 寿枝
[副審]
江下 毅

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 4
通算: 0勝4敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【24】
21 3

ポイント
2
22 第2セット
【28】
25
20 第3セット
【25】
25
25 第4セット
【28】
22
12 第5セット
【15】
15

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 高杉 洋平
通算ポイント: 3
通算: 1勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

ゲーム全体の流れの中で、加速できる時間帯に勝ち急ぎすぎる癖が、
解決できないゲームであった。チームが進化する上で、大きな壁として
個々が、真剣に取り組む必要がある。この域を自然にこなせる選手に
成長する事が、頂点への大命題である。ファイナルへの権利が消滅し、ファンの皆様には大変残念な思いをさせてしまった事を、深く反省し、次に向け、頑張って行きます。2日間に渡り、大変多くのご声援を頂き、ありがとうございました。

25 山口
()
川畑(愛)
()
木村(沙)
()
中道
(堀川)
21
宮下
()
浅津
(泉)
野村
()
伊藤
()
佐々木
()
川島
()
高田
()
迫田
(田代)
丸山 リベロ 小平
22 川畑(愛)
(金田)
浅津
()
木村(沙)
()
中道
()
25
山口
(吉田)
川島
()
野村
()
伊藤
(下平)
宮下
()
佐々木
(今野)
高田
(堀川)
迫田
()
丸山 リベロ 小平
20 金田
(浅津)
川畑(愛)
()
高田
()
野村
()
25
山口
()
川島
()
迫田
()
木村(沙)
()
宮下
()
佐々木
()
伊藤
(下平)
中道
(田代)
丸山 リベロ 小平
25 佐々木
()
浅津
()
木村(沙)
()
中道
(田代)
22
山口
(宇賀神)
川島
()
野村
()
伊藤
()
宮下
(泉)
川畑(愛)
(吉田)
高田
(堀川)
迫田
()
丸山 リベロ 小平
12 山口
()
佐々木
()
野村
()
木村(沙)
()
15
宮下
()
浅津
()
高田
(堀川)
中道
(田代)
川畑(愛)
()
川島
()
迫田
()
伊藤
()
丸山 リベロ 小平

監督コメント

今日の試合は、序盤に相手の粘り強いディフェンスに、苦しむ展開でしたが、2セット目以降、サーブで攻めてエースの攻撃で点数を重ねる事が出来ました。今シーズン残り1試合、1つでも上の順位を目指し、全力で取り込みたいと思います。本日もたくさんの応援をいただき、本当にありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、序盤、東レアローズは迫田、高田、木村、岡山シーガルズは、山口、川島、佐々木のアタックで一進一退。中盤、岡山は川畑のアタックとブロックの連続ポイントでリードする。東レも伊藤、迫田のアタックで追従するが、岡山は川島のアタックで先取する。
 第2セット、東レは中盤まで木村、野村、迫田のアタックでリードする。岡山も山口、佐々木、金田のアタックで追いすがるも、最後は迫田のブロックでセットを取り返す。
 第3セットも中盤まで相譲らず。東レは高田、木村のアタックでリードする岡山も川島のブロック、佐々木の連続アタックポイントで追い付くが、東レは迫田の3連続アタックでリードし、木村のアタックでセットを連取する。
 第4セット、岡山は序盤、川畑、川島、浅津のアタックで連続6ポイントでリードする。
東レも、高田、迫田のアタックで追い上げ、終盤、田代のブロックで追い付くが、山口のブロックで突き放し,セットを奪う。
 第5セット、岡山は佐々木、山口のアタックでリードする。東レは中盤、迫田の3連続アタックで追い付き、代わって入った堀川のブロックでリードし最後は迫田のアタックで熱戦に勝利する。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 塚本健二