V・プレミアリーグ女子 2014/15 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
593
[開催日]
2015/03/14
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
2,180
[開始時間]
16:55
[終了時間]
18:58
[試合時間]
2:03
[主審]
村上 成司
[副審]
明井 寿枝

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 3
通算: 0勝3敗
1

ポイント
0
23 第1セット
【27】
25 3

ポイント
3
30 第2セット
【35】
32
25 第3セット
【26】
19
19 第4セット
【26】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 角田 博文
通算ポイント: 6
通算: 2勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1、2セットの攻防の中、攻めの工夫に厳しさが足りなかった。今野選手がいいリズムを作ったので他の5人がそれにのってストレートで走るくらいの気持ちが欲しかった。残念な結果となったが、内容を真摯に受け止め、次の試合に活かしていきたい。
 本日は遠方にもかかわらず、たくさんのご声援ありがとうございました。

23 山口
()
今野
()
内瀬戸
()
井上
()
25
宮下
(吉田)
浅津
(熊谷)
渡邊
()
佐々木
()
佐々木
()
川島
()
パオリーニ
()
佐藤(美)
()
丸山 リベロ 佐藤(あ)
30 今野
()
浅津
(熊谷)
内瀬戸
()
井上
()
32
山口
(泉)
川島
()
渡邊
()
佐々木
()
宮下
(吉田)
佐々木
()
パオリーニ
()
佐藤(美)
()
丸山 リベロ 佐藤(あ)
25 山口
(吉田)
今野
()
内瀬戸
()
井上
()
19
宮下
()
浅津
()
渡邊
()
佐々木
()
佐々木
(金田)
川島
()
パオリーニ
(石田)
佐藤(美)
()
丸山 リベロ 佐藤(あ)
19 今野
(川畑(愛))
浅津
()
内瀬戸
()
井上
()
25
山口
()
川島
()
渡邊
()
佐々木
()
宮下
()
佐々木
(吉田)
パオリーニ
()
佐藤(美)
()
丸山 リベロ 佐藤(あ)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日は沢山のご声援を賜り心より感謝申し上げます。
 3ポイント同士の対戦でしたし、相手も後がない状況だったので、必死で来るだろうとは想像していました。まずは宮下選手と山口選手の早いコンビネーションを抑える事、そして日立リヴァーレらしく粘って繋いで戦う事を意識しました。勝因は最後まで諦めず、戦った事だと思います。
 来週の鹿児島大会でも日立リヴァーレらしく戦いますので応援宜しくお願いします。

要約レポート

 ファイナル6に入り3ポイントで並ぶ両チーム。ファイナル3に残るため何としてもポイントを取りたい試合となる。
 第1セット、一進一退の攻防が続く。岡山シーガルズは山口のブロックで抜け出したかにみえたが、日立リヴァーレ井上の緩急をつけたサーブに崩されセットを落とす。
 第2セット、日立はパオリーニにボールを集める。その期待に見事に応え、7本のスパイクポイント、4本のブロックポイントをあげる活躍をみせる。岡山はリベロ丸山を中心に持ち味の粘り強いバレーを展開し、今野のサービスエースで土壇場で追い付き、デュースになるも一歩届かなかった。
 第3セット、後がない岡山は佐々木が奮起する。 スパイクにブロックに得点を重ね、最後は川島がスパイクを決め、セットを奪う。
 第4セット、勢いに乗る岡山はセッター宮下が打数の少なかった川島を上手く使い得点する。勝負の分かれ目はサーブだった。日立新人の渡邊のジャンプサーブが岡山のレシーブを崩す。ミスをすることなく強気に攻め続け、バックアタックでも得点をあげ、6連続得点に繋げ勝ちきった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 橋本 正太郎