V・プレミアリーグ女子 2014/15 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
592
[開催日]
2015/03/14
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
3,050
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:05
[試合時間]
2:05
[主審]
江下 毅
[副審]
三見 洋子

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算ポイント: 8
通算: 2勝1敗
1

ポイント
0
25 第1セット
【24】
18 3

ポイント
3
34 第2セット
【41】
36
19 第3セット
【26】
25
20 第4セット
【25】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 高橋 悠
通算ポイント: 13
通算: 3勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日からレギュラーラウンド上位のチームとの対戦になりますので、しっかりと準備をしてきましたが、非常に悔しい結果となってしまいました。第2セット前半リードされる展開から追いついたのですが、勝ち切ることができなかったことが、敗因でしょう。その後の第3、4セットは相手の守備と粘りになかなか連続得点が出来なかったことは、今日の大きな反省材料です。第2セットの負けを跳ね返すだけの力がまだまだ足りません。切り替えてまずは明日の試合の準備をしたいと思います。
 今日は本当に多くの声援、ありがとうございました。

25 荒木(夕)
()
マーフィー
()
白垣
(古賀)
山口
(秋山)
18
荒木(絵)
()
丸山
(青柳)
大野
(上野)
島村
()
冨永
()
近藤
()
柳田
()
近江
()
山岸 リベロ 岩崎
34 マーフィー
()
丸山
(青柳)
白垣
(鳥越)
山口
(秋山)
36
荒木(夕)
()
近藤
()
大野
()
島村
()
荒木(絵)
(関)
冨永
(土田)
柳田
()
近江
(古賀)
山岸 リベロ 岩崎
19 荒木(夕)
(皆本)
マーフィー
(有田)
近江
()
柳田
()
25
荒木(絵)
()
丸山
()
島村
()
大野
()
冨永
(土田)
近藤
()
山口
(秋山)
白垣
(鳥越)
山岸 リベロ 岩崎
20 冨永
(土田)
荒木(絵)
(関)
白垣
(鳥越)
山口
(秋山)
25
近藤
()
荒木(夕)
()
大野
()
島村
()
丸山
(青柳)
マーフィー
()
柳田
()
近江
()
山岸 リベロ 岩崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1セット、マーフィー選手を中心とする攻撃にリズムを作れず、上尾さんのペースで試合を展開させてしまった。また、得点を取れる場面でも相手の高いディフェンス力で防がれてしまった。
 第2セットは、大野の速攻でリズムを掴み、序盤は良い形で進めることができた。終盤は息詰まる展開となったが、選手達がよく踏ん張ってくれた。第3、4セットは、接戦をものにした勢いで思い切り、NECらしいバレーを展開してくれた。今日は第2セットを取れたことが大きな勝因となった。
 本日も温かく大きなご声援、ありがとうございました。

要約レポート

 ファイナル6に入り2連勝と波に乗る上尾メディックスに対し、この一戦で勝利を収めるとファイナル3以上が確定するNECレッドロケッツの試合。
 上尾は司令塔を先週同様、冨永を起用し、マーフィー、近藤、荒木(夕)を中心に戦う。それに対しNECは山口、秋山の2人のセッターを起用し、全員バレーを展開する。試合はスタートダッシュに成功した上尾が第1セットを奪う。しかしNECは、第2セットの滑り出しに成功しリードを広げたが、粘り強く拾う上尾に終盤追いつかれるが、最後はNECの島村のブロックが連続で決まり、このセットを取る。NECはここでリズムを掴んだ。途中出場の鳥越のサービスエースも貢献し、第3、第4セットを奪い勝利を手に入れた。これでファイナル3により近づくことができた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 柴田 等