V・プレミアリーグ女子 2014/15 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
587
[開催日]
2015/02/28
[会場]
大阪市中央体育館
[観客数]
1,500
[開始時間]
11:05
[終了時間]
12:25
[試合時間]
1:20
[主審]
田中 昭彦
[副審]
田野 昭彦

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 角田 博文
通算ポイント: 0
通算: 0勝1敗
0

ポイント
0
19 第1セット
【24】
25 3

ポイント
3
18 第2セット
【26】
25
17 第3セット
【24】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算ポイント: 5
通算: 1勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日は、沢山のご声援を賜り、心より感謝申し上げます。

 先週のレギュラーラウンド最終週からの流れのまま、ファイナル6でも良いスタートを切りたかったが、相手の荒木(絵)選手のブロックの前に我々のやりたい攻撃が出来ず、自分たちのミスが目立つ試合となってしまった。
 来週からまた自分たちのバレーを見つめ直し、レギュラーラウンドでは1度も勝てていないNECさんに挑戦者の気持ちで臨みたいと思う。

 本日は、ありがとうございました。

19 細川
()
パオリーニ
()
マーフィー
()
丸山
()
25
佐々木
()
渡邊
()
荒木(夕)
()
近藤
()
井上
(石田)
内瀬戸
()
荒木(絵)
()
冨永
()
佐藤(あ) リベロ 山岸
18 細川
(佐藤(美))
パオリーニ
()
荒木(夕)
()
マーフィー
()
25
佐々木
()
渡邊
()
荒木(絵)
()
丸山
(三浦)
井上
(石田)
内瀬戸
()
冨永
()
近藤
(皆本)
佐藤(あ) リベロ 山岸
17 井上
(和田)
佐々木
()
マーフィー
()
丸山
()
25
内瀬戸
()
細川
()
荒木(夕)
(東谷)
近藤
(関)
渡邊
(栗原)
パオリーニ
()
荒木(絵)
()
冨永
()
佐藤(あ) リベロ 山岸

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ファイナル6の初戦ということで新たな気持ちで挑戦することを目標として、準備してきた。
 最初は少し硬さがみられる面もあったが、レギュラーラウンド同様にマーフィーを中心としたアタック、荒木(絵)を中心としたブロックで流れをつかめたことが勝因だと思う。
 その中でも反省すべきことは反省し、次の試合に向けて再度気持ちを新たにして挑戦したいと思う。

 次の試合も全力を尽くす。

 今日は多くの温かい声援、本当にありがとうございました。

要約レポート

 V・レギュラーラウンド4位の上尾メディックスと6位の日立リヴァーレの一戦。
 第1セット、日立はセッターに細川を起用し、拾って繋ぐ全員バレーでリードする。一方、上尾は中盤よりマーフィーの強弱つけたスパイクで逆転し勢いに乗ると、そのままセットをものにした。
 第2セット途中から、日立はセッター佐藤(美)を投入。多彩なトスワークで相手ブロックを翻弄し流れを引き寄せる。一進一退の攻防が続く中、上尾は近藤のサービスエースを含む4連続得点でセットを取った。
 2セットを連取した勢いに乗る上尾は、荒木(夕)、近藤のスパイクや荒木(絵)のブロックも決まり、次々と得点を重ねる。後がない日立は、栗原を投入し流れを変えようと奮闘するが、あと一歩及ばなかった。
 ファイナル6初戦を上尾が勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 川合加織