V・チャレンジリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
934
[開催日]
2015/03/14
[会場]
黒部市総合体育センター
[観客数]
1,100
[開始時間]
15:30
[終了時間]
17:26
[試合時間]
1:56
[主審]
森口 豊
[副審]
紙井 ひとみ

JTマーヴェラス

監督: 尾崎 侯
コーチ: 北原 勉
通算ポイント: 49
通算: 16勝1敗
3

ポイント
3
22 第1セット
【28】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【22】
13
28 第3セット
【32】
26
25 第4セット
【25】
19
第5セット
【】

【 】内はセット時間

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ: 武田 一星
通算ポイント: 35
通算: 12勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 スタートからホームのKUROBEに勢いがあり、自チームのミスが多くセットを失った。2セット目以降は、落ち着きを取り戻し、勝利することができた。
 明日でチャレンジリーグ最終の試合となるが、良い形で締めくくり、チャレンジマッチにつなげていきたい。
 明日も熱いご声援の程、宜しくお願い致します。

22 金杉
()
高橋
()
和才
()
松浦
(丸山)
25
奥村
()
芥川
()
倉見
()
古屋
(吉川)
田中(美)
()
シッティラック
()
菅野
()
色摩
(太田)
井上 リベロ 駒井
25 金杉
()
高橋
()
和才
()
松浦
()
13
奥村
()
芥川
()
倉見
(大盛)
古屋
()
田中(美)
()
シッティラック
()
菅野
()
太田
(色摩)
井上 リベロ 駒井
28 奥村
()
金杉
(田中(瑞))
倉見
()
和才
()
26
田中(美)
(中村)
高橋
(横田)
菅野
(厨子)
松浦
(丸山)
シッティラック
()
芥川
()
太田
()
古屋
()
井上 リベロ 駒井
25 田中(瑞)
()
高橋
()
倉見
()
和才
()
19
奥村
(上屋敷)
芥川
()
菅野
(厨子)
松浦
(丸山)
田中(美)
(横田)
シッティラック
()
太田
(色摩)
古屋
()
井上 リベロ 駒井

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1セット目は選手が良く頑張り、練習通りの事が出来ましたが、2セット目、4セット目とシッティラックのサーブで崩され、思うようにバレーが出来ませんでした。
 明日の最終戦はチーム一丸となって今シーズンやってきたことを出し切りたいと思います。沢山の応援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、JTマーヴェラスはサイドからシッティラック、金杉が、対するKUROBEアクアフェアリーズはセンターから古屋、倉見が得点を重ね一進一退の展開となる。JTは中盤から3連続ミスが出てゲームの流れはKUROBEに傾いた。KUROBEは、終盤4連続失点するも、古屋、和才がスパイクを決めセットを先取した。
 第2セット、JTは序盤からリードするも、ミスによりなかなかゲームの流れを掴めない。11−8から芥川が3連続でスパイクを決めると、そこからゲームの流れを掴み、シッティラック、奥村などで徐々に点差を広げてこのセットを大差で取った。
 第3セット、終盤まで互いに2点リードを許さない一進一退の展開となり、このセットはデュースの接戦となる。最後にKUROBEのスパイクにミスが出て、JTがセットを連取した。
 第4セット、KUROBEが和才のスパイク、サ−ビスエースなどで14−10とリードするも、そこからJTがシッティラック、田中の活躍で8連続得点し、一気にこのゲームの主導権を奪い、そのままリードを生かしてセットを取り、この試合に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 新酒 直幸