V・チャレンジリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
926
[開催日]
2015/02/22
[会場]
黒部市総合体育センター
[観客数]
1,050
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:50
[試合時間]
1:50
[主審]
赤川 孝義
[副審]
紙井 ひとみ

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ: 武田 一星
通算ポイント: 35
通算: 12勝3敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【20】
15 1

ポイント
0
20 第2セット
【27】
25
25 第3セット
【24】
22
25 第4セット
【30】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

柏エンゼルクロス

監督: 岩下 忠正
コーチ: 飯田 功也
通算ポイント: 19
通算: 7勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日の試合を引きずることなく、気持ちを切り替えて試合に臨めた事が良かったと思います。残りの試合もチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。
 本日も沢山の方に会場へ足を運んで頂き、ご声援して頂いたことがチームに勢いをつけてくれたと思います。本当にありがとうございました。

25 色摩
()
菅野
(厨子)
高桑
()
清水
()
15
古屋
(大盛)
倉見
()
鈴木
()
竹本
()
松浦
(丸山)
和才
()
江森
()
渡邊
()
駒井 リベロ 定別當
20 色摩
()
菅野
()
高桑
(座安)
清水
()
25
古屋
()
倉見
()
鈴木
()
竹本
()
松浦
()
和才
()
江森
()
渡邊
()
駒井 リベロ 定別當
25 色摩
(太田)
菅野
(丸山)
高桑
(座安)
清水
()
22
古屋
(吉川)
倉見
()
鈴木
()
竹本
(佐藤)
松浦
(大盛)
和才
()
江森
()
渡邊
()
駒井 リベロ 定別當
25 古屋
()
太田
()
高桑
(座安)
清水
()
23
松浦
(平谷)
丸山
(菅野)
鈴木
()
竹本
(佐藤)
和才
()
倉見
(吉川)
江森
()
渡邊
()
駒井 リベロ 定別當

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 点数を取り切れず、もう一つ抜けだすことが出来ない中、我慢しきれず失点につながってしまった。この2日間をしっかり反省して、来週以降の試合で結果を出せるよう準備します。
 2日間応援ありがとうございました。

要約レポート

 昨日の試合をフルセットの末に落とし、上位進出に望みをつなぐためには負けられないKUROBEアクアフェアリーズと、ここまで7勝7敗で白星を先行させたい柏エンゼルクロスの対戦。
 第1セット、KUROBEは序盤から色摩のスパイクや倉見のサービスエース、古屋のブロックなどで8連続得点し、リードを奪う。柏は清水や鈴木のスパイクで反撃するものの、KUROBEはリベロ駒井の堅実なレシーブからセッター松浦がアタッカーの力を引き出すトスワークを見せ、和才や倉見が次々とスパイクを決めて、このセットをものにする。
 第2セット、柏は鈴木がライト攻撃を連続して決め、第1セットの流れを切ってリードを奪う。中盤、KUROBEは倉見が巧みなブロックで相手の攻撃を封じ、和才がスパイクやサービスエースを連続して決めるなどするものの及ばず、柏が第2セットを取り返す。
 第3セット、清水のスパイクやブロックなどで着実に得点する柏に対し、KUROBEは途中からコートに入った太田のスパイクや和才の気迫あふれるスパイクで意地を見せ、このセットを奪い返す。続く第4セットも、松浦のサービスエース、和才や丸山のスパイク、太田のバックアタックやブロックの活躍で得点を重ね、最後は和才が力強いスパイクを決めて、KUROBEがこの試合に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 京角 輝彦