V・チャレンジリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
921
[開催日]
2015/02/21
[会場]
黒部市総合体育センター
[観客数]
650
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:05
[試合時間]
2:05
[主審]
三見 洋子
[副審]
波塚 彰優

柏エンゼルクロス

監督: 岩下 忠正
コーチ: 飯田 功也
通算ポイント: 19
通算: 7勝7敗
2

ポイント
1
24 第1セット
【25】
26 3

ポイント
2
25 第2セット
【25】
22
25 第3セット
【27】
23
22 第4セット
【24】
25
8 第5セット
【12】
15

【 】内はセット時間

フォレストリーヴズ熊本

監督: 中島 裕二
コーチ:
通算ポイント: 12
通算: 4勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1つずつのプレーの精度が終盤になり、少しずつ悪くなってしまった。しっかりと気持ちを切り換え、明日の準備をします。
 本日も応援ありがとうございました。

24 渡邊
()
江森
()
福田
()
橋田
()
26
竹本
()
鈴木
()
山口
(永溝)
和多
(福島)
石川
()
高桑
(座安)
川口
(佐藤)
矢城
()
定別當 リベロ 山形
25 渡邊
(田村)
江森
()
福田
()
橋田
()
22
竹本
()
鈴木
()
山口
(永溝)
和多
(福島)
石川
()
高桑
()
川口
(佐藤)
矢城
()
定別當 リベロ 山形
25 渡邊
()
江森
()
福田
()
橋田
()
23
竹本
()
鈴木
()
山口
(永溝)
和多
(福島)
石川
(清水)
高桑
(座安)
川口
(佐藤)
矢城
()
定別當 リベロ 山形
22 渡邊
()
江森
()
福田
()
橋田
()
25
竹本
()
鈴木
()
山口
()
和多
()
清水
()
高桑
(座安)
川口
(佐藤)
矢城
()
定別當 リベロ 山形
8 渡邊
()
江森
()
福田
()
橋田
()
15
竹本
()
鈴木
()
山口
()
和多
()
清水
()
高桑
()
川口
(佐藤)
矢城
()
定別當 リベロ 山形

監督コメント

 結果的に勝利することが出来て良かったです。しかし、自分たちのやらなければならいないことが全然出来ていなかったのでしっかりと反省し、明日の試合に備えたいと思います。
 今日も沢山の応援本当にありがとうございました。

要約レポート

 1レグでは、フルセットの末に柏エンゼルクロスが勝利しているこの対戦。フォレストリーヴズ熊本は、現在レギュラーラウンド8位であるが、9位とは通算ポイントで並び、わずかに得点率で上回っている状況で負けられない一戦。
 第1セット、立ち上がりから熊本が山口のスパイク、矢城のブロックなどで得点を重ね、9−3と主導権を握るも、中盤から柏の鈴木などの活躍で徐々に追いつかれ、22−24と逆に追い詰められる。ここから熊本は、川口が連続でスパイクを決めて追いつくと、最後は山口が得点し、セットを先取した。
 第2セット、第1セットとは逆に、柏が序盤から連続得点し16−10と主導権を取るも、中盤から熊本に徐々に追いつかれる展開となった。柏は、22−20から石川、鈴木のスパイクで突き放し、セットを奪い返した。
 第3、第4セットともに一進一退の展開となる。第3セット、柏が16−15から鈴木のスパイクなどで4連続得点してリードを奪いセットを連取するが、第4セットは、熊本が橋田、山口の活躍でセットを奪い返し、勝負はフルセットにもつれ込んだ。
 勝負の第5セットは、一方的な流れとなった。序盤から熊本が川口、矢城などの活躍で4連続、6連続得点をして一方的にこのセットを奪い、この試合に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 新酒 直幸