V・チャレンジリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
919
[開催日]
2015/02/21
[会場]
美濃加茂市中央体育館プラザちゅうたい
[観客数]
626
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:51
[試合時間]
1:51
[主審]
中島 俊昌
[副審]
新海 正和

GSSサンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ: 多治見 麻子
通算ポイント: 10
通算: 3勝11敗
1

ポイント
0
25 第1セット
【27】
19 3

ポイント
3
20 第2セット
【25】
25
19 第3セット
【28】
25
17 第4セット
【22】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

仙台ベルフィーユ

監督: 葛和 伸元
コーチ: 渡辺 将嵩
通算ポイント: 19
通算: 6勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セットを先取したにもかかわらず、第2セット以降の戦い方が受け身に回ってしまい、相手攻撃を抑えることが出来ませんでした。
 この試合が非常に大切な試合であることは、全選手が理解していましたが、勝利に導けなかった私の采配の責任です。
 明日のゲームにはチーム力の全てを出し切って勝利したいと思います。
 本日はご声援ありがとうございました。

25 山口
(草野)
菊地
()
中野
(渡邉(和))
芳賀
(笹山)
19
長岡
(山下)
秋満
(三浦)
渡邉(愛)
()
渡邊(彩)
()
百瀬
()
重松
()
櫻井
()
雨堤
(渡邊(沙))
平岩 リベロ 大内
20 長岡
(三浦)
山口
()
中野
()
笹山
()
25
百瀬
()
菊地
()
渡邉(愛)
()
渡邊(彩)
()
重松
()
秋満
(山下)
櫻井
(雨堤)
渡邊(沙)
()
平岩 リベロ 大内
19 山口
(草野)
長岡
()
中野
(渡邉(和))
笹山
()
25
山下
()
秋満
(三浦)
渡邉(愛)
(井上)
渡邊(彩)
()
百瀬
()
重松
(鈴木)
櫻井
(雨堤)
渡邊(沙)
()
平岩 リベロ 大内
17 山下
()
山口
()
中野
(渡邉(和))
笹山
()
25
百瀬
(草野)
長岡
()
渡邉(愛)
()
渡邊(彩)
()
重松
()
秋満
(三浦)
櫻井
(雨堤)
渡邊(沙)
()
平岩 リベロ 大内

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 残り3戦となりどうしても勝ちたいこの試合で第1セットは力が入りすぎ、思うように動けず取られてしましましたが、第2セットからは気持ちをうまく切り替えることができ、勝利することが出来ました。
 明日は、首位のJTが相手になるので、精一杯戦いたいと思います。
 本日は、ご声援ありがとうございました。 

要約レポート

 残り試合に勝利し、順位を1つでも上げたい仙台ベルフィーユと、何としても連敗を食い止めたいGSSサンビームズとの一戦。
 第1セット、序盤は一進一退の攻防を繰り広げるが、効果的なサーブを放ち続けたGSSが得点を重ね、最後は山下のサービスエースで先取した。
 第2セット、奮起した仙台は中野を中軸として攻め、終盤まで山下のアタックなどで追いすがるGSSを振り切り、セットを取り返した。
 第3セット、仙台のセッター笹山が攻撃陣を操りリードする。一方、GSSは草野のサーブで盛り返すが、20点以降立て続けに中野がアタックを決めて仙台が連取した。
 第4セット、仙台は第3セットの勢いそのままにこのセットを収め、コートサイドを埋め尽くした美濃加茂の小学生達が両チームの好プレーに声援を送る中、勝利した。
 レギュラーラウンド終盤を迎え、仙台、GSS共に残り試合が気迫あふれるものになることを予感させる一戦であった。
 
 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 加知 昌彦