V・チャレンジリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
916
[開催日]
2015/02/15
[会場]
江戸川区スポーツセンター
[観客数]
680
[開始時間]
15:05
[終了時間]
16:46
[試合時間]
1:41
[主審]
柘植 知則
[副審]
伊藤 薫

GSSサンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ: 多治見 麻子
通算ポイント: 10
通算: 3勝10敗
1

ポイント
0
25 第1セット
【25】
22 3

ポイント
3
16 第2セット
【22】
25
12 第3セット
【21】
25
16 第4セット
【24】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 尾崎 侯
コーチ: 北原 勉
通算ポイント: 37
通算: 12勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日の敗戦を断ち切れるよう、チームとして相手強打をブロックにかけ、ラリーを粘り強く取れるよう臨みました。1セット目はそれが実行出来たと思います。次週からの残りゲームに非常に大きな意味があるので勝利出来るよう備えたいと思います。
 二日間にわたり、ホームゲームに過去にない沢山の応援の方の声をバックに試合が出来たことを選手共々、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

25 鈴木
(三浦)
菊地
()
シッティラック
()
田中(美)
()
22
長岡
(山下)
秋満
()
芥川
(横田)
奥村
()
百瀬
()
重松
()
上屋敷
(中村)
田中(瑞)
(金杉)
平岩 リベロ 井上
16 長岡
()
鈴木
(三浦)
シッティラック
()
田中(美)
()
25
百瀬
()
菊地
(小川)
芥川
(安藤)
奥村
(上屋敷)
重松
()
秋満
(山下)
中村
()
田中(瑞)
(高橋)
平岩 リベロ 井上
12 鈴木
()
菊地
()
シッティラック
()
田中(美)
(高橋)
25
長岡
(山下)
秋満
(三浦)
安藤
()
奥村
()
百瀬
()
重松
()
中村
(横田)
田中(瑞)
()
平岩 リベロ 井上
16 長岡
(三浦)
鈴木
(小川)
シッティラック
()
田中(美)
(高橋)
25
百瀬
(岩島)
菊地
()
安藤
()
奥村
()
重松
(山口)
秋満
()
中村
(横田)
田中(瑞)
()
平岩 リベロ 井上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1セット、苦しみながらもリードを保っていたが、終盤攻めの姿勢を貫く事が出来ず、奪われる結果となった。第2セット目以降、選手達は冷静さを取り戻し、相手に流れを渡すことなくゲームをコントロール出来たと思う。試合のポイントとしては、交代で入った安藤が安定したパフォーマンスでチームに貢献してくれたことが大きかった。奥村、芥川といった強力なミドルブロッカーに加え、安藤の存在はチームにとって頼もしく、相手にとっては脅威となるだろう。更にチーム力を高めるべく練習に励みたい。
 2日間大きなご声援ありがとうございました。

要約レポート

 連勝を10と伸ばし波に乗るJTマーヴェラスに対し、ホームゲームを勝利で飾りたいGSSサンビームズの戦い。
 地元の大声援を受け第1セットの接戦をGSSが制した。その後もGSSの重松は長岡、秋満を駆使し、JTに挑んだ。しかし次第にリズムを崩される。鈴木、菊地を起用し流れを変えようとするも、徐々に引き離しにかかったJTを止めることが出来なかった。途中出場のJT中村、安藤が要所で活躍し、勝利に導いた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 柴田 等