V・チャレンジリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
907
[開催日]
2015/02/08
[会場]
柏市中央体育館
[観客数]
350
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:45
[試合時間]
1:45
[主審]
増岡 三佳子
[副審]
山内 大右

トヨタ自動車ヴァルキューレ

監督: 加藤 信也
コーチ: 金子 健一郎
通算ポイント: 3
通算: 1勝12敗
1

ポイント
0
22 第1セット
【25】
25 3

ポイント
3
25 第2セット
【30】
23
15 第3セット
【25】
25
13 第4セット
【16】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ: 武田 一星
通算ポイント: 29
通算: 10勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 サーブ力とレシーブ力には差があるが、第2セットを取った内容は評価ができる。残りの試合、チームのプラス点を活し頑張ります。
 応援ありがとうございました。

22 田口
()
野末
()
和才
()
松浦
(丸山)
25
廣田
()
佐藤(仁)
()
倉見
()
古屋
()
松尾
()
佐藤(優)
()
菅野
()
色摩
(太田)
浅野(愛) リベロ 駒井
25 田口
()
野末
(竹内)
和才
()
松浦
(丸山)
23
廣田
()
佐藤(仁)
(後藤)
倉見
(吉川)
古屋
(大盛)
松尾
()
佐藤(優)
()
菅野
()
太田
()
浅野(愛) リベロ 駒井
15 田口
()
野末
(竹内)
和才
()
松浦
()
25
廣田
(浅野(美))
佐藤(仁)
(後藤)
倉見
(吉川)
古屋
(大盛)
松尾
()
佐藤(優)
()
菅野
(丸山)
太田
()
浅野(愛) リベロ 駒井
13 田口
()
野末
()
和才
()
松浦
(吉川)
25
浅野(美)
()
佐藤(仁)
(後藤)
倉見
()
古屋
(大盛)
竹内
(松尾)
佐藤(優)
()
丸山
(厨子)
太田
()
浅野(愛) リベロ 駒井

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 試合が続く中、変わって入った若い選手達が試合をうまく作ってくれ、また、力を出してくれた事でチームとしてはプラスになったと思います。
 しかし、自分達のミスが多すぎてセットを落とすという一番やってはいけない事が本日出てしまいました。どの様な相手であっても全力で向っていくという気持ちの部分が出せていないのではないかと思います。この様な試合が二度とない様、初心に返って残りの試合がんばっていきたいと思います。
 本日も沢山のご声援いただきましてありがとうございました。

要約レポート

 V・チャレンジリーグ終盤を迎え、確実に白星を重ねたいKUROBEアクアフェアリーズと、チーム一丸となって白星を挙げたいトヨタ自動車ヴァルキューレの一戦。
 第1セット、KUROBEはチームの大黒柱・和才と途中出場の太田がチームを引っ張り、第1セットを先取する。
 第2セット、一進一退の攻防が続く中、トヨタ自動車は、繋ぐレシーブで粘りをみせ、佐藤のストレート攻撃で連続ポイントを奪い、セットカウント1対1。
 試合の流れを決めたのは第3セットの序盤、KUROBE倉見のブロックと速攻が続けて決まりリズムを作る。
 その後も、丸山のブロックやサービスエース、古谷の力強いスパイクが決まり出すと、そのままの勢いで第3、第4セット連取し、KUROBEが勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 小笠原 孝文