V・チャレンジリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
884
[開催日]
2015/01/18
[会場]
上尾市民体育館
[観客数]
350
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:21
[試合時間]
2:21
[主審]
小瀧 健二
[副審]
笠羽 泰範

GSSサンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ:
通算ポイント: 7
通算: 2勝6敗
2

ポイント
1
21 第1セット
【27】
25 3

ポイント
2
25 第2セット
【30】
23
22 第3セット
【27】
25
27 第4セット
【32】
25
7 第5セット
【13】
15

【 】内はセット時間

大野石油広島オイラーズ

監督: 豆田 憲昭
コーチ: 鈴木 輝
通算ポイント: 14
通算: 5勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 何としても勝ちたい試合でしたが、最後は経験不足が出てしまい残念な結果となりました。
 選手は試合毎に力をつけてきているので、次のゲームに繋がる内容のバレーは出来たと思います。
 2日間にわたり沢山の方に応援にお越し頂き、大変心強く思いました。ありがとうございました。

21 山下
()
山口
()
松本
()
田井
()
25
百瀬
()
長岡
()
大楠
()
押川(真)
(高桑)
重松
()
秋満
(三浦)
吉安
()
平川
(板谷)
平岩 リベロ 福田
25 山口
(鈴木)
長岡
()
松本
()
田井
()
23
山下
()
秋満
(三浦)
大楠
()
押川(真)
(高桑)
百瀬
()
重松
()
吉安
()
平川
()
平岩 リベロ 福田
22 山下
()
鈴木
()
松本
()
田井
()
25
百瀬
()
長岡
(三浦)
大楠
()
押川(真)
(高桑)
重松
()
秋満
(荻原)
吉安
()
平川
(高本)
平岩 リベロ 福田
27 鈴木
()
長岡
(岩島)
松本
()
田井
()
25
山下
()
秋満
(三浦)
大楠
()
押川(真)
(高桑)
百瀬
()
重松
()
吉安
()
平川
(板谷)
平岩 リベロ 福田
7 山下
()
鈴木
(三浦)
松本
()
田井
()
15
百瀬
(山口)
長岡
()
大楠
()
押川(真)
(高桑)
重松
()
秋満
()
吉安
()
平川
(板谷)
平岩 リベロ 福田

監督コメント

 ゲームを通して、ミスも多く自分たちの目指す展開が出来なかった。最後は相手のミスに助けられた。次週はホームゲームとなるので、しっかり修正して臨みたい。
 本日もご声援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット序盤、大野石油広島オイラーズがリードを広げたが、百瀬の力強いスパイクを起点として、GSSサンビームズが追い上げを見せる。その後、大野石油が田井と吉安の落ち着いたトスワークからの攻撃で徐々に点差を広げ、第1セットを先取する。
 第2セットは、GSSの重松と百瀬、大野石油の大楠のクイック攻撃が効果的に決まり、両者譲らない展開になる。松本のジャンプサーブや平川のコンビプレーによって大野石油が得点を重ねたが、鈴木の体を張ったレシーブに追撃を阻まれ、GSSが第2セットを奪取する。
 第3セットも均衡した状態が続いたが、大楠のブロックなどで大野石油が連続得点を獲得し、大きくリードを広げる。徐々に点差を縮められたが、馬場の安定したレシーブからの攻撃が光り、大野石油が逃げ切る。
 第4セットは、大野石油が序盤に9-2と大量リード。GSSは、長岡の高い打点からのスパイクや、平岩の体を張ったレシーブなどでセットの終盤で逆転し、最後は長岡のサーブが決まり第4セットを取る。
 最終セットは白熱した雰囲気の中、大野石油が松本の強力なスパイクなどで得点を重ねる。そのままリードを守りきり、大野石油が勝利する。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 長谷川 隼也