V・チャレンジリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
873
[開催日]
2014/12/21
[会場]
岡崎中央総合公園総合体育館
[観客数]
300
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:20
[試合時間]
1:20
[主審]
佐伯 昌昭
[副審]
柘植 知則

GSSサンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ:  
通算ポイント: 6
通算: 2勝3敗
0

ポイント
0
16 第1セット
【24】
25 3

ポイント
3
17 第2セット
【25】
25
16 第3セット
【25】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ: 武田 一星
通算ポイント: 11
通算: 4勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 3セットを通じて動きが重く、ミスが多く出てゲームが作れませんでした。挑戦者らしく思い切りよく攻めていくスピリットも欠けていました。
 今日の反省を次に活かさないと意味が無いので、年明けのゲーム迄に修正したいと思います。
 2日間にわたりご声援頂きました皆様、ありがとうございました。

16 山口
(平岩)
長岡
(見崎)
和才
()
松浦
(丸山)
25
山下
()
秋満
()
倉見
(吉川)
古屋
()
百瀬
(篠木)
重松
()
菅野
()
色摩
(太田)
三浦 リベロ 駒井
17 山下
()
山口
(荻原)
倉見
(吉川)
和才
()
25
百瀬
()
長岡
(菊地)
菅野
()
松浦
()
重松
()
秋満
(平岩)
太田
()
古屋
(大盛)
三浦 リベロ 駒井
16 山口
(鈴木)
菊地
()
和才
(吉川)
松浦
()
25
山下
()
秋満
(平岩)
倉見
(大盛)
古屋
()
百瀬
()
重松
()
菅野
(丸山)
太田
()
三浦 リベロ 駒井

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 久しぶりの試合という事で、なかなか調子が上がらない中、代わって入った選手達がよく頑張ってくれたと思います。
 年明けから大事な試合が続きますので、もう1度しっかりとチームを作っていきたいと思います。
 本日も沢山の応援を頂き、本当にありがとうございました。

要約レポート

 KUROBEアクアフェアリーズが危なげなく勝利を飾った。3セットとも、序盤に5点以上の連続得点を奪うとそれ以後一度もリードを許さないという横綱相撲だった。足の長い効果的なサーブ、組織的なブロックが最初から最後まで機能し続けた。特に古屋と太田のブロック、菅野のサーブが序盤からチームに勢いをつけた。また、KUROBEは、途中出場の太田がレフトサイドから強打を次々に決め、菅野がライトサイドから何本もフェイントを落とすなど、一人一人の選手が自分の持ち味を発揮した。リードしながらも、タイムアウトでは締まった雰囲気の言葉が交わされて、1点にこだわる姿勢が見られた。
 GSSサンビームズも各セットで3点以上の連続得点を奪い、盛り上がる場面もあったが、相手の高いブロックに苦しみ、軟攻に翻弄された。3セットとも序盤同じローテーションでの連続失点があり、そこが修正できればという展開であった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 冨田 崇