V・チャレンジリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
857
[開催日]
2014/11/23
[会場]
柏市中央体育館
[観客数]
400
[開始時間]
12:00
[終了時間]
14:03
[試合時間]
2:03
[主審]
伊藤 薫
[副審]
関 秀彰

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ:
通算ポイント: 6
通算: 2勝0敗
3

ポイント
3
15 第1セット
【26】
25 1

ポイント
0
27 第2セット
【32】
25
25 第3セット
【29】
19
25 第4セット
【27】
21
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JAぎふリオレーナ

監督: 椿本 真恵
コーチ:
通算ポイント: 0
通算: 0勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1セット目、動きが悪く、サーブレシーブが返らなかったため、相手のペースで試合が進んでしまいました。
 2セット目から、キャプテンの色摩を中心に攻撃的になれ、かわって入った太田がムードを盛り上げてくれたことや、全員で勝つという気持ちで最後まで戦ってくれたことで試合をひっくり返すことが出来ました。
 本日もたくさんの応援をいただき、ありがとうございました。
 悪かったところをしっかりと修正し、来週の試合に臨みたいと思います。

15 色摩
()
菅野
()
岡部
()

()
25
古屋
()
倉見
(大盛)
廣瀬
()
鎌田
()
松浦
()
和才
()
中村(早)
(戸本)
大西
()
駒井 リベロ 塚本
27 色摩
()
菅野
(厨子)
岡部
()

()
25
古屋
(吉川)
倉見
()
廣瀬
()
鎌田
(中村(愛))
松浦
(丸山)
和才
()
中村(早)
()
大西
()
駒井 リベロ 塚本
25 古屋
()
色摩
(太田)
岡部
(樋口)

()
19
松浦
(丸山)
菅野
(厨子)
廣瀬
()
鎌田
()
和才
()
倉見
()
中村(早)
()
大西
(中村(愛))
駒井 リベロ 塚本
25 太田
()
菅野
(厨子)
岡部
(樋口)

()
21
古屋
(吉川)
倉見
()
廣瀬
()
鎌田
()
松浦
(丸山)
和才
()
中村(早)
()
大西
()
駒井 リベロ 塚本

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1戦1戦大事なゲームです。特に今日のゲームは勝ちに行ったゲームでした。チームとしての調子は悪くないので、これから調整し直して、次のゲームに向け練習していきたいと思います。
 柏市の皆様には温かく応援していただき、ありがとうございます。これからも応援していただけると心強いです。よろしくお願い致します。

要約レポート

 開幕戦連勝をかけて臨むKUROBEアクアフェアリーズと初勝利をかけて臨むJAぎふリオレーナとの一戦。第1セットJAぎふ岡部のブロックから連続6点で流れにのった。後半もJAぎふ、正のツーアタック、岡部のスパイクが要所に決まり1セット目を取った。第2セットは、KUROBE色摩のスパイクが決まりだした。終盤、両チームエースの打ち合いとなり、デュースとなったが、最後はKUROBE菅野のスパイクでKUROBEが取った。第3セット、KUROBE倉見の連続ブロックで流れをつかみ、途中出場の太田がスパイクを要所で決めて、第3セットもKUROBEが制した。第4セット、後がないJAぎふも開始直後は3−0とリードしたものの、KUROBE太田のスパイク、ブロックから4連続得点で14−10と流れをつかんだ。JAぎふも岡部のアタックで1点差まで詰めた終盤だったが、KUROBE倉見、太田のスパイクが決まり、地元千葉県の高校出身である二人の活躍により第4セットも制し、KUROBEが開幕2連勝を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 藤原 信一