V・チャレンジリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
794
[開催日]
2015/02/21
[会場]
トヨタスポーツセンター第一体育館
[観客数]
470
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:13
[試合時間]
1:13
[主審]
浅見 靖人
[副審]
上土谷 政高

富士通カワサキレッドスピリッツ

監督: 勝田 祥平
コーチ: 山本 道彦
通算ポイント: 42
通算: 13勝3敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【22】
19 0

ポイント
0
25 第2セット
【22】
20
25 第3セット
【23】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 岩川 泰巳
通算ポイント: 23
通算: 7勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 サーブレシーブを大きく崩され、得点差以上に苦しい試合でした。
 各セットともスタートが淡白な内容で課題が残りました。もっとプレーを楽しむ必要があります。また、自分達でプレッシャーをかけてしまい苦しい試合でした。
 次週はホームゲームになりますので、もう一度富士通らしい、観客の皆様が楽しめる試合をお見せしたいと思います。
 残り6試合を大事に戦っていきます。応援の程よろしくお願いします。

25 岡村
(野澤)
杉本
()

()
金丸
()
19

()
中川
()
中津
()
石田
()
岩井
()
横田
(手塚)
茂木
()
笠原
()
芳賀 リベロ 高橋
25 岡村
(野澤)
杉本
()

()
金丸
()
20

()
中川
()
中津
()
石田
(石井)
岩井
()
横田
(手塚)
茂木
()
笠原
()
芳賀 リベロ 高橋
25 岡村
(三芳)
杉本
()

()
金丸
()
18

()
中川
()
中津
(若月)
石田
()
岩井
()
横田
(手塚)
茂木
()
笠原
()
芳賀 リベロ 高橋

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 2連勝のあとのゲーム、前回フルセットで勝っている相手に対して意識し過ぎたのか、堅さが目立つ展開であった。
 第1、第2セットは相手のAクイックを止められなかったのが最後までリズムをつかめなかった原因であった。
 この敗戦を次の試合に生かして戦いたいと思う。
 本日も応援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、富士通カワサキレッドスピリッツは岡村、横田の両センターを軸に攻撃を組み立て、対する埼玉アザレアはエースの茂木にボールを集めて得点を重ねるなど、序盤からお互いの良いところを出し合い、中盤まで競った展開となる。流れを変えたのは、14対13での富士通のメンバーチェンジだった。ピンチサーバーで入った野澤がそのままトスを上げ、セッター新がライトからスパイクを決めたプレーで流れを掴み、その後は小刻みに連続得点を重ね、このセットを奪う。
 第2セット、スタートから埼玉が3点をリードするも富士通がすぐさま追いつく。さらに8対8の場面から横田のブロックを皮切りに6連続得点を奪い逆転に成功し流れを掴むと、中盤以降も着実に得点を重ね、このセットも連取する。
 第3セット、後の無くなった埼玉はボールに喰らいつき奮闘するも、富士通の声と足は止まらず、要所で横田のクイックや中川のスパイクが決まり、途中出場の三芳もムードを盛り上げて、最後は中川のサービスエースが決まりこの試合に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 大津 聡