V・チャレンジリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
791
[開催日]
2015/02/21
[会場]
トヨタスポーツセンター第一体育館
[観客数]
240
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:05
[試合時間]
1:05
[主審]
佐伯 昌昭
[副審]
内藤 聡美

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 小川 貴史
コーチ: 中村 紘二
通算ポイント: 41
通算: 14勝2敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【21】
14 0

ポイント
0
25 第2セット
【19】
16
25 第3セット
【19】
14
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東京トヨペットグリーンスパークル

監督: 新妻 知之
コーチ: 池田 正一
通算ポイント: 0
通算: 0勝16敗

( )内は交代選手

監督コメント

 選手全員がスパイク、ブロック、サーブにおいて得点を取りにいくという意識で挑んだ。
 相手のミスに助けられた所もあったが、ラリー中の細かいミスなどを修正してチーム力を高めて行きたい。
 本日も暖かい声援をありがとうございました。

25 橋本
(辻口(泰))
池田
()
伊藤
()
西片
()
14
山田
()
細井
()
早川
()
松本
()
井口
()
高橋
()
小関
()
大貫
()
辻口(智) リベロ 徳岡
25 大道
()
池田
(阿部)
西片
()
松本
()
16
山田
()
細井
()
伊藤
()
大貫
()
井口
(辻口(泰))
高橋
()
早川
()
小関
()
辻口(智) リベロ 徳岡
25 大道
()
池田
()
伊藤
()
西片
()
14
山田
(木場田)
細井
()
早川
()
松本
()
辻口(泰)
(田中)
高橋
()
小関
()
大貫
()
辻口(智) リベロ 徳岡

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 相手のサーブに崩されて攻撃が単調になり、連続失点をしてしまった。
 センター陣の動きは良かったが、相手のペースでゲームを作られてしまった。自分達のペースでゲームを組み立てられるように頑張りたい。
 会場で応援して頂いた皆さま、ありがとうございました。

要約レポート

 大分三好ヴァイセアドラーが強力なサーブで主導権をつかみ、ネット際でも高い打点からの攻撃とブロックで東京トヨペットグリーンスパークルを圧倒した。
 大分三好は、池田の力強いサーブとレフトからのアタック、細井のキレのあるバックアタックなど、ウイングスパイカーの活躍が目を引いた。特に池田は第1セット2−2からサーブに回ると、緩急織り交ぜたサーブで相手レシーブを崩し、5連続得点に貢献した。そのうち2本はサービスエースであった。また、ミドルブロッカー高橋、大道、橋本らも、積極的な速攻と高いブロックで相手を苦しめた。セッター山田も彼らをうまくコントロールし、時に強烈なツーアタックを繰り出すなど、相手ブロッカーを惑わせた。
 東京トヨペットは、第3セットの序盤に小関のサービスエースと大貫のブロックポイントを含む3連続得点で2点のリードを奪う場面もあったが、続くローテーションで5連続失点を喫し、流れを失ってしまった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 冨田 崇