V・チャレンジリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
768
[開催日]
2015/01/31
[会場]
荒川総合スポーツセンター
[観客数]
155
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:59
[試合時間]
1:59
[主審]
高野 淳志
[副審]
慈眼 雅啓

きんでんトリニティーブリッツ

監督: 木村 朋浩
コーチ: 藤島 謙裕
通算ポイント: 12
通算: 4勝8敗
3

ポイント
2
20 第1セット
【22】
25 2

ポイント
1
25 第2セット
【25】
23
18 第3セット
【21】
25
25 第4セット
【24】
23
15 第5セット
【15】
11

【 】内はセット時間

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ: 横田 英樹
通算ポイント: 19
通算: 6勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 2レグに入ってまず1勝出来たことは良かった。
全てのセットの序盤でこちらのムードの良い悪いで、試合展開が大きく変わってしまう不安定な所があった。それでも変わったメンバーが自分の役割をしてくれたお陰で勝てたと思います。
 明日も全員で1レグで負けた兵庫デルフィーノに、リベンジ出来るように準備します。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

20 森田
()
松本
(内園)
浅川
()
東野
()
25
黒木
()
平田
(山本)
森本
()
大保
()
毛利
()
岡本
()
徳尾
()
二宮
()
大賀 リベロ 福島
25 森田
(本多)
松本
()
浅川
(大泊)
東野
()
23
黒木
(山本)
平田
(内園)
森本
(宮田)
大保
()
毛利
()
岡本
()
徳尾
()
二宮
()
大賀 リベロ 福島
18 本多
()
松本
(内園)
浅川
(大泊)
東野
()
25
黒木
()
平田
(明石)
森本
()
大保
()
毛利
(今田)
岡本
()
徳尾
()
二宮
()
大賀 リベロ 福島
25 本多
()
松本
(内園)
浅川
(大泊)
東野
()
23
黒木
(毛利)
平田
(明石)
森本
()
大保
()
今田
()
岡本
()
徳尾
()
二宮
()
大賀 リベロ 福島
15 本多
()
松本
()
浅川
()
東野
()
11
黒木
(内園)
平田
()
森本
()
大保
()
今田
()
岡本
()
徳尾
()
二宮
()
大賀 リベロ 福島

監督コメント

1セット目は、効果的なサーブがあり、攻撃のリズムを掴んだが、2セット目以降は、きんでんの勢いあるスパイクに受身になってしまった。自チームからのスパイクミスで、流れを最後まで続けられなかった。
多くの応援ありがとうございました。

要約レポート

 きんでんトリニティーブリッツとトヨタ自動車サンホークスの対戦。1レグではフルセットの末、きんでんが勝利している。
 第1セット、きんでんは、大賀のレシーブから攻撃につなげるが、サーブミスから勢いを止めてしまう。一方、トヨタ自動車は徳尾のサーブ、福島の守りからアタックで浅川、二宮らが決め、大差をつけ第1セットを先取する。
 第2セット、きんでんは毛利の攻撃的なトスワークと松本のスパイク、トヨタ自動車は森本のブロックや全員で粘り強くボールをつなぎ、両者譲らずゲームが進む。中盤、きんでんは毛利のサーブ、平田のブロックからリードし、黒木のブロックでセットを取り返した。
 第3セット、一進一退からトヨタ自動車が、長いラリーを徳尾のスパイクで競り勝ち、リードをひろげセットを取る。 
 第4セット、きんでんは岡本のサーブから、レシーブを繋ぎ松本らが得点をあげリードする。トヨタ自動車は徳尾のサーブで追いすがり、二宮のサーブから浅川がスパイクで得点し逆転する。しかし、きんでんは今田のサーブで崩し、岡本、本多のスパイク、ブロックで再逆転し最終セットへ持ち込む。 
 第5セット、どちらも譲らずサイドアウトを繰り返す。トヨタ自動車が二宮のサーブでリードを果たすが、きんでん本多のブロック、サーブで逆転し、内園のサーブでリードをひろげ熱戦を制した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高澤 佳江