V・チャレンジリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
745
[開催日]
2015/01/10
[会場]
桜総合体育館
[観客数]
273
[開始時間]
11:00
[終了時間]
13:20
[試合時間]
2:20
[主審]
松延 亮一
[副審]
松代 寛

富士通カワサキレッドスピリッツ

監督: 勝田 祥平
コーチ: 山本 道彦
通算ポイント: 23
通算: 7勝2敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【22】
20 3

ポイント
2
33 第2セット
【35】
31
26 第3セット
【29】
28
19 第4セット
【25】
25
13 第5セット
【17】
15

【 】内はセット時間

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 小川 貴史
コーチ: 中村 紘二
通算ポイント: 26
通算: 9勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 3セット途中まではこちらの想定どおりの試合展開でしたが、こちらのミスから相手に流れをもっていかれました。
 非常に悔しい敗戦です。
 明日はもっと良い試合ができるうように頑張ります。
 応援よろしくお願いします。

25 岡村
()
田中
()
田中
()
石垣
()
20

()
中川
()
オンテレ
()
木場田
()
岩井
()
松野
(柳田)
池田
()
高橋
(細井)
芳賀 リベロ 辻口(智)
33 岡村
()
田中
()
橋本
()
石垣
(辻口(泰))
31

()
中川
()
オンテレ
()
山田
()
岩井
()
松野
(柳田)
池田
(阿部)
高橋
()
芳賀 リベロ 辻口(智)
26 岡村
()
田中
()
田中
(細井)
石垣
()
28

()
中川
()
オンテレ
()
山田
()
岩井
()
松野
(柳田)
池田
(辻口(泰))
高橋
(橋本)
芳賀 リベロ 辻口(智)
19 岡村
()
田中
(杉本)
田中
(細井)
石垣
()
25

()
中川
()
オンテレ
()
山田
()
岩井
()
松野
(横田)
辻口(泰)
(阿部)
橋本
()
芳賀 リベロ 辻口(智)
13 岡村
()
田中
(杉本)
田中
()
石垣
()
15

()
中川
()
オンテレ
()
山田
()
岩井
()
横田
(柳田)
辻口(泰)
(阿部)
橋本
()
芳賀 リベロ 辻口(智)

監督コメント

 年明けの1戦目、2位の富士通戦という大変プレッシャーのかかる試合となりました。
 第1、第2セットを落とすという、今シーズンで1番苦しい場面を迎えたが、途中交代した山田、橋本、辻口(泰)がよく声を出し、ムードを変え逆転勝ちへ導いてくれた。
 明日も勝利にこだわってチーム一丸となって頑張りたい。
 本日も皆様の応援のおかげで勝利する事ができました。
 ありがとうございました。

要約レポート

 全勝の大分三好ヴァイセアドラーと1敗の富士通カワサキレッドスピリッツの上位対決。
 第1セット、序盤は一進一退の攻防から富士通が岡村のブロックでリード。終盤、大分三好はオンテレのアタックで追い上げるが、富士通が中川のサービスエースもあり先取した。
 第2セット、富士通は中川、岩井、大分三好はオンテレ、池田の打ち合いでデュースになる。30点を超える攻防の末、富士通がこのセットも連取した。
 第3セット、波に乗る富士通は岡村のアタックと大分三好のミスでリード。中盤に中川のアタックや松野のブロックで大きくリードするが、後のない大分三好も途中交代の辻口(泰)のブロック、田中のサービスエースで追い上げ同点に追いつく。このセットもデュースとなり、最後は大分三好が田中のブロックでセットを取り返した。
 第4セット、中盤まで一進一退の攻防から大分三好がオンテレのアタックでリード。その後も山田のブロック、橋本のアタックで点差を広げた。富士通もメンバーチェンジで流れを引き戻そうとしたが、大分三好が連取し、セットカウント2−2に持ち込んだ。
 第5セット、波に乗った大分三好がオンテレの活躍でリードするが、富士通は岩井、横田の連続ブロックで逆転。しかし大分三好は山田のサービスエースで再逆転し、最後はオンテレのアタックで開幕9連勝とした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 北原 秋男