V・チャレンジリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
739
[開催日]
2014/12/20
[会場]
コンパルホール
[観客数]
744
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:45
[試合時間]
1:45
[主審]
川尻 康行
[副審]
木内 誠二

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 岩川 泰巳
通算ポイント: 7
通算: 2勝5敗
1

ポイント
0
25 第1セット
【25】
21 3

ポイント
3
18 第2セット
【22】
25
19 第3セット
【23】
25
22 第4セット
【26】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 小川 貴史
コーチ: 中村 紘二
通算ポイント: 21
通算: 7勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1セット目はクイック中心に攻撃が通用したが、2セット目以降、大分三好のサーブに苦しめられて、思った通りの攻めが出来なかった。しかし、随所に埼玉アザレアらしい粘りのバレーが展開できた。チャレンジ初参加だが、もう7戦消化したので、まだまだ実力が出せると思う。もう一度レシーブから立て直して、勝利を重ねて行きたい。
 今後とも応援よろしくお願いします。

25 笠原
()
茂木
()
田中
()
石垣
(辻口(泰))
21
中津
()
若月
()
オンテレ
()
木場田
(山田)
金丸
()

()
池田
()
高橋
()
高橋 リベロ 辻口(智)
18 笠原
()
茂木
()
田中
()
石垣
()
25
中津
()
若月
()
オンテレ
()
木場田
()
金丸
()

()
池田
()
高橋
()
高橋 リベロ 辻口(智)
19 笠原
()
茂木
()
田中
()
辻口(泰)
()
25
中津
()
若月
(石田)
オンテレ
()
木場田
()
金丸
()

()
池田
(阿部)
高橋
()
高橋 リベロ 辻口(智)
22 笠原
(金刺)
茂木
()
田中
(井口)
辻口(泰)
(石垣)
25
中津
()
石田
()
オンテレ
()
木場田
(阿部)
金丸
()

()
池田
()
高橋
()
高橋 リベロ 辻口(智)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 初対戦となる埼玉アザレアに対して、1セット目、スパイク、ブロック、サーブとも効果的でなく、逆に浮き足立つ展開となった。1セット先取された状況となったが、交代した選手が声を出し、よくチームを修正してくれた。
 沢山の御声援ありがとうございました。ホームゲーム明日も頑張ります。

要約レポート

 開幕6連勝の大分三好ヴァイセアドラーとこの試合で連敗を止めたい埼玉アザレアの戦い。
 第1セット、埼玉がサーブで流れを掴み、両ミドルブロッカーの若月、中津が得点を重ねる。終盤、大分三好もブロックやオンテレの攻撃で追い上げるが、埼玉がこのセットを取る。
 第2セット、大分三好は高橋のサーブによる連続得点で序盤に流れを掴み、そのままのペースでこのセットを取り返す。
 第3セット前半、大分三好はオンテレのアタックが決まるも、埼玉は茂木のアタックで得点を重ねる。後半、大分三好は池田のサーブとアタックで引き離し連取する。
 第4セット、大分三好はオンテレのアタックで序盤流れを掴むが、埼玉は笠原のアタックで追いつく。そのまま一進一退の攻防が続いたが、最後はオンテレのアタックで突き離し、セットカウント3−1で勝利した。大分三好は今シーズン初のホームゲームで開幕7連勝とした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 松元 和弥