V・チャレンジリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
724
[開催日]
2014/11/23
[会場]
大同特殊鋼星崎工場体育館
[観客数]
250
[開始時間]
15:45
[終了時間]
17:54
[試合時間]
2:09
[主審]
中島 俊昌
[副審]
上土谷 政高

大同特殊鋼レッドスター

監督: 東岡 昇
コーチ: 中尾 貞治
通算ポイント: 9
通算: 3勝1敗
3

ポイント
2
27 第1セット
【28】
25 2

ポイント
1
30 第2セット
【31】
28
15 第3セット
【20】
25
16 第4セット
【22】
25
15 第5セット
【16】
11

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 上笹 淳二
通算ポイント: 7
通算: 2勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ホームゲームの応援の力を借りての勝利でした。
 サーブが弱く相手に攻撃を組み立てさせてしまった。自分達の特徴であるブロックをなかなか出せなかったが、最後の最後に自分達の長所を出せてホットしています。
 たくさんの応援ありがとうございました。これからも長いシーズンが続きますので、応援よろしくお願いいたします。

27 赤澤
()
山口
(川口)
笠原
()
金丸
()
25
倉田
()
金澤
(久保田)
若月
()
中津
()
平野
()
辰巳
()
金刺
()
石川
()
山下 リベロ 竹崎(敬)
30 倉田
()
赤澤
()
笠原
()
金丸
(橋本)
28
平野
()
川口
()
若月
()
中津
()
辰巳
()
金澤
(久保田)
金刺
()
石川
()
山下 リベロ 竹崎(敬)
15 赤澤
()
川口
()
笠原
()
金丸
()
25
倉田
(久保田)
金澤
(宮原)
若月
()
中津
()
平野
()
辰巳
(木村)
金刺
()
石川
()
山下 リベロ 竹崎(敬)
16 倉田
()
赤澤
()
笠原
()
金丸
()
25
平野
()
川口
()
若月
()
中津
()
辰巳
(草場)
久保田
()
金刺
()
石川
()
山下 リベロ 竹崎(敬)
15 赤澤
()
川口
()
笠原
()
金丸
()
11
倉田
()
久保田
()
若月
()
中津
()
平野
(中道)
辰巳
()
金刺
()
石川
()
山下 リベロ 竹崎(敬)

監督コメント

 序盤高いブロックを打ち破りよく対応していた。
開催地キッズの皆さんに応援してもらい、選手の皆が元気良くプレー出来ていました。負けはしたが次の試合に繋がる良いゲームでした。
 たくさんの応援ありがとうございました。皆さんの応援をこれからもお願いいたします。

要約レポート

 大同特殊鋼レッドスターが応援団からの熱い声援をバックアップに、地元で連勝を飾った。
 1セット目は大同特殊鋼が19-21から相手の連続ミスと倉田のレフトからの強打で逆転し、デュースに持ち込んだ。その後も倉田と辰巳がフェイントを決めるなど落ち着いたプレーで、最後は相手のミスを誘った。
 2セット目は互いにサイド中心の攻撃が繰り返され、競り合いの展開となった。互いに譲らず再びデュースに入ると、辰巳のライトからの強打と川口の速攻で大同特殊鋼が優位に立った。最後はこのセットの活躍が目立った川口がサービスエースで決めた。
 最終セットも接戦のまま10-10まで緊迫の展開となった。そこから埼玉アザレアが2連続ミスを出し12-10となる。さらに、ここからそれまでたびたび強打で苦しめられていた埼玉のレフトを辰巳が2本連続でブロックし、大同特殊鋼が一気にマッチポイントを掴んだ。最後はこの試合よく活躍した倉田がライト側からクロスへ強打を放ち、ガッツポーズで締め括った。
 攻撃的なセッター金丸の繰り広げる意外性のあるトスワークと、石川・金刺・笠原らの強打で3セット・4セット目を奪った埼玉だったが、大同特殊鋼のフェイント攻撃や高いブロックに苦しみ、今一歩勝利には届かなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 冨田 崇