V・チャレンジリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
722
[開催日]
2014/11/23
[会場]
大同特殊鋼星崎工場体育館
[観客数]
120
[開始時間]
11:00
[終了時間]
12:06
[試合時間]
1:06
[主審]
浅見 靖人
[副審]
北浦 陽介

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 小川 貴史
コーチ: 中村 絋二
通算ポイント: 12
通算: 4勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【20】
13 0

ポイント
0
25 第2セット
【20】
11
25 第3セット
【20】
15
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

近畿クラブスフィーダ

監督: 森 博之
コーチ: 矢野 裕範
通算ポイント: 3
通算: 1勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 「サーブで崩してブロックでしとめる展開を作って行こう」という中で選手一人一人のブロックに対する意識が高く、相手チームに終始プレッシャーを掛ける事ができたのが勝因だと思う。
 次週は地元九州での戦いになるので、更にチームの結束力を高めていきたい。
 本日もあたたかい声援ありがとうございました。

25 高橋
(井口)
池田
()
野口
()
梶野
()
13
木場田
()
オンテレ
()
大谷
(前田)
片渕
()
石垣
()
田中
()
和田
()
本多
()
辻口(智) リベロ 有薗
25 高橋
()
池田
()
前田
(山本(慎))
野口
()
11
木場田
()
オンテレ
()
和田
()
梶野
()
石垣
()
田中
(橋本)
本多
()
片渕
()
辻口(智) リベロ 有薗
25 高橋
(橋本)
池田
(辻口(泰))
野口
(石田(康))
梶野
()
15
木場田
()
オンテレ
()
前田
()
片渕
()
石垣
()
田中
()
和田
()
本多
()
辻口(智) リベロ 有薗

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 昨日の結果を反省して臨んだゲームであるが、相手のサーブに翻弄されて何も出来ない状態となった。時折良い形になって得点に繋がるプレーが見られたので今後の糧としたい。
 本日もファンの皆様応援ありがとうございました。

要約レポート

 大分三好ヴァイセアドラーは「サーブ&ブロック」が思い通りに機能し、力強いバレーを見せつけた。
 大分三好はまずサーブで近畿クラブスフィーダを苦しめた。強烈なサーブばかりでなく、足の長いサーブや前衛へのサーブ、コースを狙ったサーブなど、多彩な種類のサーブを選手一人一人が工夫して放った。サーブで崩して相手の攻撃を限定させ、それをブロックで仕留めるというパターンが随所に見られた。特に第2セットは4ローテーション連続で3連続得点以上を挙げるなど圧倒し、ローテーションが1周した時点で19-7になっていた。
 また、3セットで14点を挙げた大分三好のブロックは見事であった。直接得点にならなくてもワンタッチボールをつなげたり、高さで相手アタッカーのミスを誘発したりと、試合を通して近畿クラブにとって脅威の存在となっていた。
 近畿クラブは大分三好の多彩な攻撃にも苦しみ、試合を通じて1本もブロックポイントを挙げられなかった。決死のレシーブで強打を上げるシーンもあったが、各セットでミスの数が大分三好を上回り、自分たちのバレーを展開することができなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 冨田 崇