V・チャレンジリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
717
[開催日]
2014/11/22
[会場]
大同特殊鋼星崎工場体育館
[観客数]
125
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:34
[試合時間]
1:34
[主審]
柘植 知則
[副審]
浅見 靖人

近畿クラブスフィーダ

監督: 森 博之
コーチ: 矢野 裕範
通算ポイント: 3
通算: 1勝2敗
1

ポイント
0
19 第1セット
【22】
25 3

ポイント
3
22 第2セット
【22】
25
25 第3セット
【22】
21
15 第4セット
【19】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 上笹 淳二
通算ポイント: 6
通算: 2勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 前回のチーム状況を反省して臨んだゲームであったが、最初から受けにまわった厳しい試合展開となり、悪い面が目立った試合でした。
 3セット目に本来のチームらしさが出たのが唯一の収穫でした。
 本日は応援ありがとうございました。

19 本多
(石田(康))
和田
()
笠原
()
金丸
()
25
片渕
()
大谷
()
若月
(大楽)
中津
()
梶野
()
野口
()
金刺
(谷口)
石川
()
有薗 リベロ 竹崎(敬)
22 片渕
()
本多
(石田(康))
笠原
()
金丸
()
25
梶野
()
和田
()
若月
()
中津
()
野口
()
大谷
(前田)
金刺
()
石川
()
有薗 リベロ 竹崎(敬)
25 本多
()
和田
()
笠原
()
金丸
()
21
片渕
()
大谷
()
若月
()
中津
()
梶野
(前田)
野口
()
金刺
()
石川
()
有薗 リベロ 竹崎(敬)
15 片渕
()
本多
(石田(康))
笠原
()
金丸
(橋本)
25
梶野
()
和田
()
若月
()
中津
()
野口
()
大谷
(前田)
金刺
(南)
石川
()
有薗 リベロ 竹崎(敬)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ウィングスパイカー笠原の放つ速いテンポのスパイクの決定力が目立ち、またウィングスパイカー石川のパワーあるスパイクが得点力となった。セッター金丸を含めての機動力ある攻撃も得点に繋がった。
 改善点としては、ブロックの強化が望まれる。
 本日は応援ありがとうございました。

要約レポート

 埼玉アザレアが総合力で勝利を収めた。
 埼玉は第1セット相手のミスに乗じて中盤までに3点以上の連続得点を3回挙げ、最大10点差をつけた。終盤粘られたが危なげなく先取した。
 第2セットは競り合いのまま終盤に入ったが、21−22から埼玉が中津のAクイックで同点に追いつくと、相手の時間差とレフトを連続でブロックしてセットポイントを奪った。最後は笠原がアタックを決め、一気に4連続得点で押し切った。
 第4セットは序盤に笠原のジャンプフローターサーブで相手を崩し4−1とリード。中盤以後は相手のミスによる得点が続き点差が開いた。最後も21−15から相手の3本連続ミスでマッチポイントを握ると、中津のサービスエースで締めくくった。
 近畿クラブスフィーダは第3セット、序盤の5連続得点によるリードを生かして一矢報いたが、4セット目に入るとミスが多発。半分以上の13点もの失点を挙げてしまったのが痛かった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 冨田 崇