V・チャレンジリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
708
[開催日]
2014/11/09
[会場]
桜総合体育館
[観客数]
263
[開始時間]
13:20
[終了時間]
15:02
[試合時間]
1:42
[主審]
伊藤 薫
[副審]
松代 寛

東京トヨペットグリーンスパークル

監督: 新妻 知之
コーチ: 池田 正一
通算ポイント: 0
通算: 0勝2敗
1

ポイント
0
13 第1セット
【16】
25 3

ポイント
3
25 第2セット
【26】
21
30 第3セット
【29】
32
18 第4セット
【22】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

近畿クラブスフィーダ

監督: 森 博之
コーチ: 矢野 裕範
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日はどうしても勝ちたい試合であった。
 スタート堅さがみられ、出だしが悪くなってしまった。
 しかし、2セット目以降リズムが出てきて、セットを取ることができた。
 今日は選手全員が良く頑張ってくれたと思う。
 この流れで次週以降につなげていきたい。
 会場でご声援をいただきありがとうございました。

13 大貫
()

()
野口
()
梶野
()
25
松本
()
山口
(西片)
大谷
(前田)
片渕
()
小関
()
伊藤
()
和田
()
本多
()
徳岡 リベロ 有薗
25 大貫
()

()
大谷
(上出)
野口
()
21
松本
()
西片
(山口)
和田
()
梶野
(山本(慎))
小関
()
伊藤
()
本多
(石田(康))
片渕
()
徳岡 リベロ 有薗
30 大貫
(西片)

()
野口
()
梶野
(繁田)
32
松本
()
山口
()
大谷
()
片渕
()
小関
()
伊藤
()
和田
()
本多
()
徳岡 リベロ 有薗
18 大貫
(西片)

()
大谷
()
野口
()
25
松本
()
山口
()
和田
()
梶野
(繁田)
小関
()
伊藤
()
本多
(石田(康))
片渕
()
徳岡 リベロ 有薗

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 昨日の敗戦を受けて、本日の戦い方が課題となった。
 1セット目、順調にセットを取ることができたが、2、3セット目ともつれて、3セット目接戦を勝てた事が大きかった。
 1勝できたので、これから始まりの気持ちで次回からの戦いに臨みたいと思います。
 あたたかい声援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、近畿クラブスフィーダは序盤、本多、野口の連続バックアタックでリード。近畿クラブは中盤にも片淵、和田のブロックも決まりリードのまま先取した。
 第2セットは序盤、東京トヨペットスパークル西片のアタック、サービスエースでリード。近畿クラブも片淵の3連続サービスエースで追いついたが、終盤東京トヨペット松本の連続アタックが決まり、このセットを取り返した。
 第3セットは、中盤まで一進一退の攻防。近畿クラブは和田のアタックや東京トヨペットの連続ミスでリードを広げたが、終盤東京トヨペットが松本のブロックで追いつきジュースに持ち込んだ。30点を超えた長いジュースは、互いにアタックポイントが続いたが、最後は近畿クラブが東京トヨペットのミスを誘い、このセットを奪った。
 第4セット、後のない東京トヨペットは山口のアタックでリードしたが、近畿クラブが野口のアタックで追いついた後、要所で大谷の速攻や片淵のブロック、レシーブのファインプレーもあり、近畿クラブが終始リードのままこのセットを取り、勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 北原 秋男