V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
384
[開催日]
2015/02/22
[会場]
呉市総合体育館(オークアリーナ)
[観客数]
2,300
[開始時間]
15:25
[終了時間]
17:39
[試合時間]
2:14
[主審]
塚本 健
[副審]
國頭 亮太

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算ポイント: 47
通算: 15勝6敗
2

ポイント
1
22 第1セット
【26】
25 3

ポイント
2
25 第2セット
【27】
20
19 第3セット
【28】
25
25 第4セット
【24】
15
13 第5セット
【17】
15

【 】内はセット時間

サントリーサンバーズ

監督: ジルソン ベルナルド
コーチ: 栗原 圭介
通算ポイント: 45
通算: 16勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 互いに首位通過のかかった重要な一戦だったが、その緊張からか良いプレーもあれば、普段起こらないようなミスも生まれた試合だった。
 敗れはしたものの、目標であったレギュラーラウンドを首位で通過したことに対しては選手におめでとうと言いたい。
 呉会場の雰囲気は最高だった。会場へお越しいただいたファンの皆様、ご声援ありがとうございました。

22 町野
()
越川
()
山村
()
金子
(米山)
25
井上
()
ヴィソット
()
エバンドロ
()
阿部
(塩田)
八子
()
筧本
()
栗山
()
鈴木
(椿山)
酒井 リベロ 鶴田
25 町野
()
越川
()
山村
()
金子
()
20
井上
()
ヴィソット
()
エバンドロ
(岡本)
阿部
(椿山)
八子
()
筧本
()
栗山
()
鈴木
(橋本)
酒井 リベロ 鶴田
19 町野
()
越川
()
山村
()
金子
(橋本)
25
井上
(深津)
ヴィソット
()
エバンドロ
()
阿部
(塩田)
八子
(小澤)
筧本
()
栗山
(米山)
鈴木
()
酒井 リベロ 鶴田
25 町野
()
越川
(塚崎)
エバンドロ
(椿山)
山村
()
15
井上
()
ヴィソット
()
栗山
()
金子
()
小澤
()
筧本
()
鈴木
()
阿部
(岡本)
酒井 リベロ 鶴田
13 井上
()
町野
(安井)
山村
()
金子
(米山)
15
小澤
()
越川
()
椿山
()
岡本
()
筧本
()
ヴィソット
()
栗山
(柴小屋)
鈴木
(塩田)
酒井 リベロ 鶴田

監督コメント

 JTはレギュラーラウンドで非常に安定したバレーを見せた。心からおめでとうと言いたい。
 ファンの皆様に良い刺激をいただいたおかげで、両チームよく頑張れた。
 次の試合に向けて、全力で戦っていきたい。
 熱い応援、ありがとうございます。ファイナル6をご期待ください。

要約レポート

 昨日地元の熱い声援に後押しされ首位に返り咲いたJTサンダーズと2位に後退したサントリーサンバーズとの一戦。レギュラーラウンド最終戦はファイナル6に向けてのアドバンテージをかけた重要な直接対決となった。
 序盤、固さが目立つJTに対して、サントリーはエバンドロのスパイク、阿部のサービスエースや鈴木のブロックで徐々に点差を広げ、第1セットを先取した。
 第2セットはJTが粘り強いレシーブから八子やヴィソットのスパイクで点差を広げ、筧本のブロックで波に乗り、セットを奪い返した。
 第3セットはサントリー阿部の変幻自在のトス回しがJTのブロッカーを翻弄する。タイミングを乱されミスが出たJTに対し、サントリーはエバンドロのスパイク、要所での鈴木や阿部のブロックが決まりセットを取った。
 第4セット、後がなくなったJTは序盤で筧本やヴィソットのブロックが決まると、サントリーはエバンドロに代えて椿山を投入する。JTも途中出場した小澤がスパイクやサーブで活躍し、ヴィソットの連続サービスエースでセットを取り返した。
 第5セット、序盤からJTはヴィソット、小澤、サントリーは椿山の打ち合いとなり、勝負は終盤へもつれ込んだ。最後はサントリーのピンチサーバー米山がサービスエースを決め、長時間にわたる熱戦に終止符を打った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 佐賀野 健