V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
383
[開催日]
2015/02/22
[会場]
呉市総合体育館(オークアリーナ)
[観客数]
2,000
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:47
[試合時間]
1:47
[主審]
石井 洋壮
[副審]
江下 毅

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 37
通算: 13勝8敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【24】
19 1

ポイント
0
25 第2セット
【23】
13
18 第3セット
【23】
25
25 第4セット
【28】
20
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 篠田 歩
コーチ: 山本 太二
通算ポイント: 25
通算: 8勝13敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日、我々が目指すハイレベルのバレーボールを展開することができたが、今日は第1、第2セット以降、モチベーションが下がり、、ミスが増えた点に課題が残った。
 今日でレギュラーシーズンが終了しますが、レギュラーラウンド3位でプレーオフへ進出するのは、過去最高の成績。選手の個性を生かし、ファイナルステージでも好調をキープしていきたい。
 本日も温かいご声援ありがとうございました。

25 傳田
()
高松
()
黒木
()
星野
()
19
内山
()
イゴール
()
ボヨビッチ
()
藤井
()
白岩
()

()
米山
()
富松
()
古賀(幸) リベロ 井手
25 傳田
()
高松
()
黒木
()
星野
(大木)
13
内山
(佐々木)
イゴール
(前田)
ボヨビッチ
()
藤井
(梅野)
白岩
()

()
米山
(瀬戸口)
富松
()
古賀(幸) リベロ 井手
18 傳田
()
高松
(山田)

(鈴木)
星野
(瀬戸口)
25
内山
()
イゴール
()
ボヨビッチ
()
藤井
()
白岩
()

()
米山
()
富松
()
古賀(幸) リベロ 井手
25 傳田
()
高松
()

()
星野
(瀬戸口)
20
内山
(佐々木)
イゴール
(前田)
ボヨビッチ
()
藤井
(相澤)
白岩
()

()
米山
(鈴木)
富松
()
古賀(幸) リベロ 井手

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合は、必ず勝たなくてはいけない試合だったが、全く力が出せないで終わってしまった。
 今季のレギュラーラウンドは、力が出せるときと出せないときの差が激しすぎた。
 今後、この要因をしっかり捉えて前へ進んでいかなくてはいけない。
 11月からV・プレミアリーグが始まり、我々の勝利を期待していた皆さん、本当にすみませんでした。
 必ず強くなって戻ってきます。長い期間、応援ありがとうございました。

要約レポート

 昨日、貴重な1勝をあげ3位に浮上した豊田合成トレフェルサとファイナル6に向けて崖っぷちに立たされた東レアローズとの一戦。
 序盤から東レのボヨビッチ、富松に対し、豊田合成はイゴールを中心にした攻撃で一進一退の攻防を繰り返した。豊田合成は新人でスタメン起用された傳田やミドルブロッカー近のブロック、そして終始満員の観客を魅了したイゴールのサービスエースなどで抜け出し、1、2セットを連取した。
 後がなくなった東レはミドルブロッカーを李に代えると、粘りのあるレシーブからパワフルなボヨビッチのスパイクや切れのある米山、星野のスパイクが冴え、豊田合成を引き離し、第3セットを奪い返す。
 第4セット、序盤から豊田合成の魂のこもった高松のジャンプサーブや決定力のあるイゴールのスパイクと強烈なジャンプサーブが東レのレシーブを乱し、東レを引き離していく。東レは李のクイックやボヨビッチのジャンプサーブなどで反撃するも、最後は豊田合成の傳田がクイックを決めて、粘る東レを振り切り、3位を決定する貴重な勝利をあげた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 佐賀野 健