V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
382
[開催日]
2015/02/22
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
1,150
[開始時間]
15:30
[終了時間]
16:24
[試合時間]
0:54
[主審]
大塚 達也
[副審]
城 智人

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 真保 綱一郎
通算ポイント: 36
通算: 13勝8敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【20】
15 0

ポイント
0
25 第2セット
【26】
21
25 第3セット
【26】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 豊田 昇平
通算ポイント: 25
通算: 9勝12敗

( )内は交代選手

監督コメント

 レギュラーラウンド最終を勝利で終えることができ、また選手のモチベーションも上がってきていることで良い形ができてきている。来週から厳しい戦いになるが、しっかり準備をし、一戦一戦チーム全員で戦っていきたい。
 長期のレギュラーラウンドのご声援ありがとうございました。また来週からも、大きなご声援よろしくお願いいたします。

25 福澤
()
深津
(大竹)
辰巳
()
高橋(和)
()
15
山添
(田城)
白澤
(ブロックソム)
若山
()
高橋(慎)
()
清水
()
チアーゴ
()
浅野
(古田)
金丸
()
永野 リベロ 興梠
25 福澤
(谷村)
深津
(大竹)
辰巳
()
高橋(和)
()
21
山添
()
白澤
(田城)
若山
()
高橋(慎)
()
清水
()
チアーゴ
()
浅野
()
金丸
()
永野 リベロ 興梠
25 福澤
(谷村)
大竹
()
辰巳
()
高橋(和)
()
22
山添
(ブロックソム)
白澤
(田城)
若山
(エルナンデス)
高橋(慎)
(松崎)
清水
()
チアーゴ
(渡辺)
浅野
(角田)
金丸
()
永野 リベロ 興梠

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 パナソニックのブロックとレシーブのシステムにサイドアウトが取れず終始リズムに乗ることができなかった。
 ファイナル6が来週から始まりますが、更に強い気持ちを持ち、チームスローガンである「ONE」チーム一体となり一戦必勝で戦っていきたい。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。来週も引き続きご声援の程よろしくお願いいたします。

要約レポート

 ファイナル6に向け1つでも順位を上げたいジェイテクトSTINGSと、パナソニックパンサーズのレギュラーラウンド最終戦。
 第1セット、パナソニックは白澤、山添、アウベス 、深津のブロックで波に乗り、清水がサーブ、アタックと活躍し10点差の大差をつけセットを先取する。
 第2セット、ジェイテクトは興梠、本間を中心にレシーブが安定すると、高橋(慎)、高橋(和)のサービスエースでリードするも、パナソニックは福澤のサーブから相手を崩し逆転する。ジェイテクトは若山の攻撃で追いすがる中、パナソニックが交替で入った大竹のサービスエースや清水、福澤の攻撃が決まり、セットを連取する。
 第3セット、パナソニックはアウベス、大竹が連続で、ジェイテクトは辰巳がブロックを決めスタートする。その後はジェイテクトが離されかけるところを粘り強く若山の攻撃でついていく。しかし、パナソニックは田城のブロックや渡辺のアタックなど交代で入った選手が安定した力を発揮し着実に得点を重ね、リードを守り快勝した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高澤 佳江